読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

逃げてゆく愛 (新潮文庫)

逃げてゆく愛 (新潮文庫)

逃げてゆく愛 (新潮文庫)

作家
ベルンハルト シュリンク
Bernhard Schlink
松永美穂
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784102007129
amazonで購入する

逃げてゆく愛 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

metoo

7つの短編集。どの話も外国語映画賞脚本賞受賞作のよう。亡くなった妻に届いた手紙から始まる「もう一人の男」。ベルリンの壁崩壊後の東西人間模様を描いた「脱線」。絵を通して収容所やユダヤ人に纏わる父の暗い過去を紐解く「少女とトカゲ」。有能な女性と三重生活を送る多才な男性の飽くなき探求と転落の「甘豌豆」。ドイツ人青年とユダヤ人女性の一筋縄ではいかない恋の顛末の「割礼」。他に「息子」。「ガソリンスタンドの女」。どれも深く絡み合った植物のようで秀逸。

2014/12/10

まるっちょ

シュリンクはナチスドイツに取り付かれている。 それらを畏怖し、危惧しているがゆえに登場人物たちの心がすり抜けてしまう。 その畏怖さえなければ、私はこの作家をもっと好きになれるのに。 美しさに意味を見出す男を描いた「もう一人の男」、一人の神経質な男の転落を描いた「甘豌豆」。 好きなのは「少女とトカゲ」。余韻が残るのが好きだ。

2017/02/09

コーデ21

「朗読者」ベルンハルトシュリンク著の短編集。「朗読者」よりいっそう文章が怜悧で快い読後感でした☆ 「逃げていく愛」という意味深なタイトルどおり、ほの苦い物語が主。現実世界との齟齬感をもつ男のふがいなさ溢れる「甘豌豆」や、ミステリアスな趣きある「トカゲと少女」などなど、どれも裏側の裏、を感じさせる繊細な持ち味♪しびれました (//▽//)

2015/01/13

sabosashi

ニホンでは文学とは、青春の文学とだぶって認識されている場合が多い。  青春の文学となると甘さと自己憐憫が大手をふるう。  シュリンクは政治に翻弄されるなか、より正確に述べるなら、日々の暮らしで湧きあがってくる思いの中身を掬い取り、示してくれる。  常におなじ思い、おなじ暮らしが続くはずなのに、幸か不幸か立ち止まってしまうというところか。  それは、つまり生きてきたことを顧みるという意識であり、ふつうの若いひとたちには思いもつかない芸当の域に達していることがある。

2014/11/10

マッピー

男女の愛の物語もある。 家族ぐるみの友情の物語も。 でも、やっぱり戦後のドイツの抱える傷跡が、その痛みが、どうしても強く前に出てくる。 ひとつの人生を、違う角度から見た時の落差が冷徹で、いいわけが許されない。 愛情の、愛が無くなったらそこで関係が終わってしまうのが欧米の夫婦観だとしたら、愛が無くなっても情で繋がることができてしまうのが日本人なのかと思ったり。 そう思っているのが私の方だけだとしたら、結構困ったことになるなと思ったり。

2015/07/19

感想・レビューをもっと見る