読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

作家
ドストエフスキー
工藤 精一郎
出版社
新潮社
発売日
1987-06-09
ISBN
9784102010211
amazonで購入する Kindle版を購入する

罪と罰〈上〉 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

再読。今までに読んだすべての小説の中で一番好きなもの。主人公については他の方が繰り返し書かれているし、再読でもあるから他の事を書こう。主人公の心理描写の素晴らしい作品だが周辺人物の魅力も忘れられない。 女は女神で男はヘタレとでも書きたかったのか。知識はあるくせにだらしなく、思いついてはおかしなことばかりする男たちを尻目に健気に生きる女たちのなんと気高く美しいことか。ポーレチカはあの暗くて陰鬱な場面に咲いた可憐な花のよう。

2019/11/13

absinthe

これほどまでに心の内面を暴いた話を知らない。わずか数日の描写で極限まで細密に描く。棒きれが置かれたままになっているか、見当たらないか。ある種の賭けを行う。殺すべきかやめるべきか。殺しはそれだけでは終わらなかった。善良な妹まで手を掛けなければいけなくなり、それが主人公を苦しめる。神はいるのかいないのか…。ドアが開く、そのとき何を感じたか、ただその瞬間のために何行かけて描写したのか。その細やかさに感動する。生涯の友の一冊。

れみ

その財産を世の中に役立てるためという名目のため高利貸しの老婆を殺す…貧乏な大学生ラスコーリニコフの計画は予期しなかった第二の殺人によって思いもよらぬ方向へ。臨場感や緊張感のある場面、乱高下する主人公の精神状態、様々な登場人物が次々と揃い、舞台は整った…とは思われるもののこの先の展開が全然想像つかない。主人公以外にも理屈っぽく話の長い人が多くてなんだか面倒くさくもあるけど下巻も頑張って読むか〜。

2016/09/12

HIRO1970

高校生の頃に読みました。

2005/01/01

優希

面白かったです。老婆殺害からサスペンスの香りが漂っていて引き込まれるように読みました。たとえ罪を犯しても多くの善行をすれば償えるという考えのもとの殺人が、思いがけぬ第二の殺人を生み、それが故にラスコーリニコフにつきまとう恐怖は神への畏怖にも思えました。精神の揺れは偶然に引き起こしてしまった第二の殺人によるものだからこその苦しみ。これは果たして本当に偶然だったのかと考えてしまいます。ラスコーリニコフに罪の恐怖を植えつけるための必然の運命だとしたらどうなのでしょう。色々読み込める興味深さです。続けて下巻へ。

2016/02/20

感想・レビューをもっと見る