読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)

作家
ドストエフスキー
工藤 精一郎
出版社
新潮社
発売日
1987-06-09
ISBN
9784102010228
amazonで購入する Kindle版を購入する

罪と罰〈下〉 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

罪の意識や人への思いやりなど人間に好ましい性質のいくつかは、進化上は恐怖心から発達してきた可能性があるという。集団からつまはじきにされたくないという恐れかもしれない。ラスコーリニコフの心理も多くは言いようの無い恐怖心に見える。単純に牢屋が嫌だとか、死刑が嫌だとか、程度の低い人間から質問攻めにされるのが嫌とか、理屈で説明がつくものとは明らかに異質。日常の中で観察される心では、恐怖と思いやりは別物だが、極限の状態に置かれたとき、心の根底に張り巡らされた絡み合った根があらわになる。

2019/11/17

absinthe

お前が何をしたかすべて知っているぞ。恐ろしいつぶやきが聞こえてくる。飲んだくれの独白。何ページ続くのか?この内容が凄い。人間の怠惰、傲慢、不安。全ての人に共通する心の内面が暴かれる。主人公に救いはあるか、希望はあるか。生涯の友の一冊。

れみ

自らの理論のもとに高利貸しの老婆を手にかけたラスコーリニコフはポリフィーリィやスヴィドリガイロフとの対決や娼婦ソーニャとの出会いを経て自らの身を司法の手に委ねるにいたる…というお話。出口の見える気配がなく鬱々としつつも、そこを経て最後には少しの希望が見えた気がした。でもきっとドゥーニャやラズミーヒンを含めて決して平坦ではない道のりが待っているんだろうなあ。ドストエフスキー本人や交流のあった人々の人生や思考が登場人物たちの姿を借りてひとつな大きな物語に練り上げられて昇華したという感じ。

2016/09/19

kaizen@名古屋de朝活読書会

エピローグ。シベリア。自首、肺病の学友を助け、火事で二人の子供を助け出し、8年の強制労働。解説、訳者工藤精一郎。「トルストイが現実の客観的描写を重視したのに対して、ドストエフスキーは文学は人間の研究であるとして、主観的色彩の濃い独自の文学心理リアリズムを創造し、近代文学にひとつの道を開いた。」「刑事コロンボの原図」。年譜付き。

2013/07/15

優希

対決に次ぐ対決でもう目が離せませんでした。自分の罪の不安と恐怖の重さの中で、自らの身を法に委ねたラスコーリニコフ。偶然知り合った娼婦・ソーニャの自己犠牲の生き方に心打たれたからの行動ではありましたが、果たしてそれだけで刑罰が確実な中に自分を投じたのでしょうか。法律や倫理に身を任せるのは一番楽な逃げ道だと思えてなりません。結局ラスコーリニコフは自分の罪に怯えつつ悔いてはいないように感じました。善悪、罪罰は表裏一体でその時の状況によって決まるのかもしれません。恐ろしい心理小説を読んでしまいました。

2016/02/20

感想・レビューをもっと見る