読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

センス・オブ・ワンダー (新潮文庫)

センス・オブ・ワンダー (新潮文庫)

センス・オブ・ワンダー (新潮文庫)

作家
レイチェル・カーソン
上遠恵子
出版社
新潮社
発売日
2021-08-30
ISBN
9784102074022
amazonで購入する Kindle版を購入する

センス・オブ・ワンダー (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やすらぎ

子どもたちは、いつも生き生きと新鮮で美しく、驚きと感激に満ちあふれている。大人になると、澄みきった洞察力や畏怖すべきものへの直感力が鈍り、失ってしまう。センス・オブ・ワンダーは、その感性を蘇らせてくれる。…自然の音に耳を傾けるだけでも、星の灯りを探すだけでもいい。…ほら幼木があるわ。リスのツリーにちょうどいい。こっちはもっと小さいから虫たちのツリーだ。足元を見て歩かないと踏んじゃうよ。…虫の音が聴こえてくる。演奏が終わる頃に冬がやって来る。…生命の輝き。自然に沈黙はない。レイチェル・カーソンのメッセージ。

2021/09/23

はっせー

この本はレイチェル・カーソンさんと甥っ子のロジャーが自然との対話をまとめた本になっている。まるで詩のような美しい言葉でまとめてあり、読んでいて風景を想像できる。草花の綺麗さ。昆虫の不思議さ。自然の摂理。今の私達現代人に足りないのは、情緒ではないかと思う。道端に咲く花に気づく情緒が養えていない。だからこそ自然と対話することなく、自然を破壊してしまう。題名になっているセンス・オブ・ワンダーは、神秘さや不思議さに目をみはる感性と訳されています。私は、自然美と人間美の接合点にセンス・オブ・ワンダーがあると思った!

2021/09/06

おせきはん

文庫化を機に再読。少し視点や意識を変えるだけで日々の生活の中でもセンス・オブ・ワンダーを感じることはできます。朝にランニングをしていたところで、今年の夏、セミの羽化を初めて見かけたのが自分にとっての最近のセンス・オブ・ワンダーでした。これからも年齢に関係なく、自然との対話を大切にします。福岡伸一先生ほか4名の方々の解説エッセイもよかったです。

2021/09/19

がらくたどん

今、本書を含めて3冊の邦訳版が目の前にある。91年の佑学社・96年の新潮社(単行本)・そして本書。マイブックは96年のものだが、上遠氏の訳で版元を変え判型を変え挿入写真を変え東洋の国で出版が繋がれてきていることにちょっとした感慨を覚えた。旧約聖書の創世記にあるような強烈な対自然観を持たずに長らくやってきた風土が頭では「制御」の利便性に傾倒してもふっと自然の一部である身体を懐かしむのかもしれない。本書の特徴はかなりの紙幅を割いた4氏のエッセイ。人との絆が危うい時に自然との絆を握りしめられるのは心強いものだ。

2022/07/10

いっせい

秋の虫の声に耳を傾けてみる。夜空を見上げて流れ星を見つける。砂浜で波打ち際で小さなカニが波にさらわれまいと戦っているのを発見する。雨の森の中を散策し、あらゆる緑の息吹を感じ取る。「センス・オブ・ワンダー」=自然の脅威に驚く感性は、誰もが幼少期持っているものらしい。それが、大人になるにつれ、削ぎ落とされていく。デジタルな物に溢れている世の中だが、命あるものを慈しむ為にも、今一度、五感を研ぎ澄ませ、自然を感じたい。また、息子にもそういう環境や体験を与え、行動を共にしたい。

2021/09/26

感想・レビューをもっと見る