読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

作家
カミュ
窪田 啓作
出版社
新潮社
発売日
1963-07-02
ISBN
9784102114018
amazonで購入する

異邦人 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

学生時代以来の再読。1940年に書かれた作品だが、今も十分に現代小説としての輝きを失っていない。それだけ小説としての自立性、屹立性が高いのだろう。ムルソーが引き金を引く直接の契機となった太陽の光と共に、乾燥した風や海など、アルジェリアの風土感もまた作品の固有性に寄与している。また、これまでなんとなくムルソーは主人公の名前だと思っていたのだが、それは姓であり、ついに名前が語られることはない。そうしてみると、彼の異邦性は外界に対するものであると同時に、自らの存在自体にも向けられていたということになるのだろう。

2012/12/08

zero1

この作品は、多くの人が誤解しているのではないか。主人公ムルソーがしたことを思い出してほしい。被害者となる男に向かって銃を一発放った後、間を置いて四発撃っている。殺意があったということを意味している。日本ではひとり殺しても死刑にならないが、重い罰は避けられない。それを不条理というのなら、自分の家族が殺された時にも同じことを述べるのだろうか?しかも、この殺人犯は自分が人を撃って殺したことを恐れてない。恐るべき人物だ。太陽に大きな意味はない。彼がしたことを考えれば、この作品は不条理などではない。

2018/10/17

たー

私には主人公がそれほど変人だとは思えなかった。作者が英語版に向けた解説「…お芝居をしないと、彼が暮らす社会では、異邦人として扱われるよりほかにないということである。ムルソーがなぜ演技をしなかったのか、それは彼が嘘をつくことを拒否したからだ…」で妙に納得。

2009/06/14

扉のこちら側

初読。【22/G1000】夏の太陽が眩しすぎて、足元には暗い影が落ちる。この季節に読むのに合う。彼の行動規範は理解が難しいし、感情がないとは思えないけれど、何を考えているかわからない人間に対し市民は「自分たちとは異なるもの」とのレッテルを張らざるをえない。そうしたスティグマを記された者は、たださまようしかないのか。【新潮文庫夏のキャンペーン1961】

2013/07/09

tatsuya

最後の司祭との会話でムルソーが「とにかく、私は実際何に興味があるかという点には、あまり確信はなかったが、何に興味がないかという点には十分確信があったのだ。」と持論を述べる箇所あたりから、僕もそっち側の人間です、という心境になった。自身の倫理観が達観しすぎてるせいで他人と共存することに難をもたらしてしまっているが、理解しがたいからという理由で彼を異邦人扱いしてしまうのは哀しい。

2015/12/14

感想・レビューをもっと見る