読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一年ののち (新潮文庫)

一年ののち (新潮文庫)

一年ののち (新潮文庫)

作家
フランソワーズ・サガン
Francoise Sagan
朝吹登水子
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784102118030
amazonで購入する

一年ののち (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

淡々としているけれど美しさがあります。サロンに集まる男女の1年に渡る物語。それぞれの恋のベクトルが違う方向に向いているのが切なくてたまりませんでした。繊細で濃密な世界観が漂うのに、サラリとした読み味はサガンならでは。人生に対する諦めのような倦怠感があるけれど、そこが心地よく感じられました。しっとりとした雰囲気が素敵です。キラキラした恋ではないけれど、味のある大人の恋という感じが好みでした。

2016/04/02

よっち@疲れ目注意☆彡

2作目よりさらに失プルの影響を感じさせる。サガン独特の落ち着いた、無駄なく美しい文章で語られる。ある階級に属する人たちがマリグラス夫妻のサロンに集まる。彼らの一年間の群像劇。AはBのことが好きだけどBはCが好き、Bには奥さんがいてどうのこうの、ていう話が延々と続く。サロンで女主人がお気に入りの若いピアニストに演奏させたり、菩提樹のお茶が出てきたり、随所に失プルを連想させるシーンが散りばめられている。そして全体に渡って感じるのは、人生に対する諦めに似た倦怠感。文化人には受けたが一般には受けなかった作品です。

2015/10/24

Y2K☮

パリの夜に渦巻くアンニュイと諦観は大人の享楽が導く愚かな旅路。孤独を恐れ、若い医大生の肉体に溺れるジョゼ。彼女に惹かれ、でも似過ぎているが故に愛されていないと悟る作家ベルナール。その彼に相応しい人間でありたいのにと苦悩する妻ニコル。舞台女優ベアトリスに逆上せるアランは中年過ぎて突然キャバクラに嵌る堅物の構図で、エドワールは年上好きの世間知らずというありがちな美青年。人生の答えから逆算した様な一文の数々が稲光さながらに煌めく。ボトルシップみたいに狭く、でも粘り強い者にしか創り出せぬ繊細で濃密なアートの妙味。

2016/04/02

ちえ

訳者後書き〈この小説を読む方々はスリルとか小説的な筋の面白さを期待してはいけない。これは私たちがただ一人で部屋にいるとき、何かしっとりしたものに触れたいときに読む本である〉複数の登場人物の恋愛。想いが通じない叶わない苦しさ、叶ってからふとあらわれる虚しさ、漂う虚無感。サガンならではのはかなさと美しさにため息。〈われわれはまたもや孤独になる。それでも同じことなのだ。そこに、また流れ去った一年の月日があるだけなのだ〉〈そんなふうに考えはじめてはいけない。そんなことをしたら気違いになってしまう 〉

2019/02/09

SOHSA

《購入本》プルースト或いは田辺聖子原作の映画『ジョゼと虎と魚たち』からのつながりで。けだるく哀しく諦念ただよう描写はやはりサガネスクというべきか。穏やかな中にも物語は展開し、時間はある確かさをもって過ぎていく。私が読んだのは昭和35年発行、昭和43年11刷版であったが、古い活字と日に焼けたページが妙に作品の雰囲気に相乗して、一層強い印象を受けた。既に絶版とは残念ではあるが次は何とか続編『すばらしい雲』を読みたい。

2017/02/14

感想・レビューをもっと見る