読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

メッカを撃て (新潮文庫)

メッカを撃て (新潮文庫)

メッカを撃て (新潮文庫)

作家
A・J・クィネル
大熊栄
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784102205044
amazonで購入する

メッカを撃て (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヨーイチ

スパイ小説ってえもんがありまして、東西は冷戦の真っ最中

まー

A

1991/01/15

wei xian tiang

英国の情報機関が徹底的にKGBに浸透されていた時代を背景にした傑作。欧米世界からのイスラーム観がオリエンタリズムそのものであるが、小説としてはこの上なく面白い。

2019/01/11

hina

ざざざと再読。ダイナミック!

2013/03/14

fritzng4

スペースシャトルまで使ってイスラム教の予言者をでっちあげるという壮大かつ荒唐無稽な計画をめぐって米英ソ三国の思いが交錯する。そもそもの発想・プロットが滅法面白く、ディテールも丹念に描かれているからぐいぐい読める。CIAの高官がマレーシアの奥地に住む謎の老スパイのもとを訪ねるという導入部がまたいい。そしてKGBが白羽の矢を立てたバレリーナとMI6のジンメルとの緊張感に満ちた関係も中盤の読みどころ。冷戦時代の作品なのに古びた感じが全くない。『レッド・スパロー』ってこの作品にインスパイアされてるのかしら。

2021/11/27

感想・レビューをもっと見る