読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

地獄からのメッセージ (新潮文庫)

地獄からのメッセージ (新潮文庫)

地獄からのメッセージ (新潮文庫)

作家
A・J・クィネル
A.J.Quinnell
大熊栄
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784102205112
amazonで購入する

地獄からのメッセージ (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うわじまお

20数年ぶりのAJクイネル、クリーシィ・シリーズ、全5巻すべて読み終わってしまいました。もうこの先の続きが読めないと思うと、残念でなりません。というわけで、「サン・カルロの対決」へ!

2018/09/25

ヨーイチ

読むものが無くなって、物色の結果読み出したら最後まで行ってしまった。何回目だろう。所謂スパイとか戦争とか犯罪を扱ったシリーズで作者のクィネルはフォーサイスと並んで小生のお気に入り。クィネルの持ちネタで大戦後、アルジェリアの独立に反対してクーデターを企てた外人部隊兵士達が事破れて撤退する際、ピアフの「私は後悔しない」を歌いながら行進して、それを多くの市民が泣きながら見送ったという話が心に沁みる。その後もピアフの命日には墓石に外人部隊からのカードと花が手向けられていたらしい。これ、本当の話なのだろうか。

2015/10/11

まひはる

岡山からの機中で読了。

2014/05/20

スー

遂に傭兵クリーシィ最終巻、読む前に主要キャラの無事を祈るのも最後、こんなにキャラの無事を祈りながら読むのは銀河英雄伝説以来ですかね。今回はベトナム戦争中に戦死したものと置き去りにした目をかけていた若い兵士の父親が息子の認識票と手書きのメモが届いたと会いに来て真相を探り過去の心の傷を埋めるためにベトナムそしてクメールルージュが蔓延るカンボジアへ行く、そこで待っていたのは過去の憎しみだった。クリーシィが語るフランス外人部隊の今も続く絆の話やベトナム戦争の裏話とても楽しめました。クリーシィお疲れさまでした

2018/12/12

ヨーイチ

ときたまクリーシィと傭兵仲間に触れたくなる。ベトナム戦争やクメールージュも遠い過去。宝物の様に出てくるRPG7なんて今でも現役なのだろうか。少なくとももっと軽く小さくなっているだろうな。フリーの傭兵も様変わりしてるだろうし。今となっては、お伽話である。でも無茶苦茶カッコイイ。堪能した。

2014/07/09

感想・レビューをもっと見る