読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルックリン・フォリーズ (新潮文庫)

ブルックリン・フォリーズ (新潮文庫)

ブルックリン・フォリーズ (新潮文庫)

作家
ポール・オースター
柴田元幸
出版社
新潮社
発売日
2020-05-28
ISBN
9784102451175
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブルックリン・フォリーズ (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

この話の時期、アメリカに住んでいて(登場するI-95をずっと南に行ったところ)、大統領選がもつれているのをフロリダの州都タラハッシーまで見に行ったことがある(ちなみにあの抗議は随分と牧歌的だった)。だから、ええっ、このまま進んじゃうと…と思ってると案の定。ブルックリンが舞台で、色んなものがごちゃごちゃしてて、作者らしくない感じ。主人公の名前がグラス氏だとわかってようやく確かにオースター作品かもと思えた。それに、貫くメッセージが、どこか追悼のようにも感じられて…。オースターは再生について紡いだのかも、ね。

2020/09/29

ずきん

ガンを患い、助かったものの、死に場所を求めてブルックリンへと還ってきたネイサン・グラス。甥のトム、古本屋のゲイ、ハリー、喋らないルーシー。彼が周囲の人々を『愚行の書』として、生き生きとユーモラスに綴っていく。それはまぎれもなく、ネイサン自身の再生の物語でもある。他人からしてみれば、たとえチンケな事であろうともドラマがあるのだ。人生は素晴らしく、そしてままならない。この上なく深く青い青空を、ネイサンと一緒に見上げる。本当に深く沁みる青だ。美しさこの上ないその青から視点を外せない。至福の読書。

2020/11/03

けろりん

【第167回海外作品読書会】人は生まれ落ちた瞬間からそれぞれの人生の終焉へと向かう旅路を歩んでいる。ある程度の年齢になれば、それは動かし難い現実として意識される。この物語の語り手、ネイサンは60歳手前。辣腕の仕事人間、家庭人としては失格。大病を患い、退職、離婚。一人暮らしの無聊をかこち『人間の愚行の書』を執筆中。音信不通であった、甥のトムとの再会から生じる出来事が、彼の人生に炉端の火灯りに似た色彩りを点す。素敵に晴れた初秋の朝、まばゆい青空の下で終わるこの物語の余韻に浸りつつ、その先が気になってならない。

2020/10/25

jahmatsu

文庫化、だいぶ時間かかったな〜 お待ちしておりました。 他の作品に比べるとそこまで尖ってなく、かなり明るく暖かい印象のオースターに浸かる、これはこれでアリ。らしくないエンディングだと思っていたら、最終章を夜中に読んでいて思いっきり目が覚めた。

2020/07/14

つーこ

結構どん底な主人公。でもその状況を時々忘れてしまう程、彼は前向きでほのぼのしている。人生で起こった笑える話をノートに記していくって、真似したいくらいいいアイデア。周囲の人たちもそれぞれ心に傷を抱えながらも懸命に生きていく魅力溢れる人ばかり。だからこそ、ラストの切なさが余計に胸をつく。

2020/10/10

感想・レビューをもっと見る