読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひよこ太陽

ひよこ太陽

ひよこ太陽

作家
田中慎弥
出版社
新潮社
発売日
2019-05-29
ISBN
9784103041351
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひよこ太陽 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさ

田中慎弥さん初読み。作者の日々が綴られています。行方不明のGのこと、それと関連して母とのやりとり、同棲していた女性との会話…。その内容も文そのものも読みづらかった。読みながら、作者の真意を汲み取ろうと試みるが、なんともわからないまま読了。それこそがねらいなのかな。

2019/12/29

いっち

死にたい作家の日常。主人公は、名前が田中で40歳の小説家。著者本人にかなり近いので、主人公と同一視してしまう。主人公は、天井裏で首を吊ろうとしたり、線路の中に飛び込もうとしたり、大型車の前に飛び出そうとしたり、死と隣り合わせ。芥川賞作家でも書くのがこれほど辛いのかと驚いた。いつか自殺してしまうんじゃないかと思ってしまう。辛さから逃げるために自殺することは悪いのか。線路や道路に飛び込むのはだめでも、自宅でひっそり死ぬのもだめなのか。家族には迷惑をかけてしまうが、ただそれで開放されるなら……泉鏡花文学賞受賞。

2020/01/30

aloha0307

ひよこ と 私の好きな おひさま☀ さぞ、ほんわかした物語との予想は...まったくハズレ とても怖い小説です。作家の”書けなさ”をとことん見つめ続けるのです~そこには膨大な空虚が... カツサンドを食べたがる彼女を制止できなかったと、その女が主人公を咎める場面は怖さmax.ですよ。表題は希死願望ゆえに見えた、空が傾く気象現象です「太陽がひよこのように震えてる」 but結末は意外にも軽やかでしたよ。

2019/09/07

天晴草紙

主人公の自殺願望は本物なのか。見知らぬ女から「いったい、いつ死ぬんですか」なんて言われたくないだろう。作家になれて有名な文学賞も受賞して上京して生活ができるほどになったのに書けない悩みで死を考えるのだろうか。才能も運もなくて作家になれない多くの人から見れば恵まれているのに。主人公の本当の心の闇、自殺したい理由をもう少し掘り下げてほしかった。それにしても作家に掲載中止理由をきちんと説明できない編集者がいるのか、それで仕事になっているのなら驚きだ。見つからないGは「小説を書く力」のメタファーかな。

2020/02/11

minazuki

書けない、売れない作家の日常に起きる、シュールな出来事、自殺衝動。よくわからないストーリーなのだけれど、妙に魅かれる。私小説ではないと思うけれど、田中慎弥氏、おもしろそうな人だ、

2019/06/07

感想・レビューをもっと見る