読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こどもホスピスの奇跡: 短い人生の「最期」をつくる

こどもホスピスの奇跡: 短い人生の「最期」をつくる

こどもホスピスの奇跡: 短い人生の「最期」をつくる

作家
石井光太
出版社
新潮社
発売日
2020-11-26
ISBN
9784103054573
amazonで購入する Kindle版を購入する

こどもホスピスの奇跡: 短い人生の「最期」をつくる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃちゃ

子どもが子どもらしく生きるために“友として寄り添う”場、それがこのホスピスのスタンスだ。ホスピスというと死を看取る場という印象が強いが小児医療の場合は少し意味が異なる。辛い治療現場を離れて笑顔で過ごすための場なのだ。2016年大阪鶴見に設立された日本初の「こどもホスピス」は、多くの人たちの強い願いと祈りと奮闘によって誕生した。いたずらに苦しい延命措置を図るより、「LIVE DEEP」。短くても充実した最期を過ごすことが、逝く者にも遺る者にも、いかに幸せをもたらすかを伝えてくれる素晴らしいノンフィクション。

2021/04/29

モルク

ここで言うホスピスは、看取りの場と言うより患者と家族に休息を与える場である。厳しい闘病生活を送っている病児たち。彼らの望みは家族に囲まれごく普通の子供として勉強したり遊んだりすることである。しかし病院や親の都合で入院生活を伸ばし、辛い治療を施すのが現実だった。それよりも、残りの人生を精一杯過ごし楽しい思い出作りをするのが双方の幸せに繋がるとの理念のもと立ち上げられたプロジェクト。あくまで主役はこどもたち。彼らの笑顔のために…と、関わった方々の苦労は計り知れない。読むときはハンカチ、ティッシュと共に。

2021/02/17

trazom

大阪市鶴見緑地にある民間の小児ホスピス「TSURUMIこどもホスピス」の物語。施設の開業に至るまでの、医師、看護師、保育士、保護者たちの試行錯誤の物語が、志半ばにして天に召された多くの子供たちのエピソードとともに胸に迫ってくる。医学を駆使した延命作業に疑問を持ち、こどもたちと家族の日常を満ち足りたものにするためにどうしたらいいかを模索する人たちの誠実さが、この施設の原点である「友として寄り添う」という言葉に込められている。背景に余りにも多くの悲しい物語を背負っているからこそ、善意が透き通って心に沁みる。

2021/01/29

こまり

2016年4月、日本で最初の民間のの小児ホスピスが大阪にできた。医師、看護師、保育士、保護者、そして難病の子供たち自身の長年の夢であるTURUMIこどもホスピスが完成するまでのノンフィクション。読み始めたら途中で止められなくなるような圧倒的な内容。生まれて僅か数年でガンや難病になり、辛い闘病を強いられる子供たちの現実があまりにも辛くて何度も何度も胸が苦しくなった。また長い治療を終えて難病から復帰した子供たちの自殺率が高いというのも知らなかった。どうすれば人は幸せに生き、そして死んでいけるのか考えさせられた

2021/03/20

鈴木拓

生まれて間もなく、あるいは若いときに、重い病にかかってしまうことがある。若くして人生の幕を下ろしてしまう子供もいる。しかし、幸せかどうかというのは人生の長さでは測れない。そのことを考えさせてくれる場がある。子どものためのホスピスは、わが国での歴史はとても浅く、まだまだ途上だという。その中で子どもたちのためのホスピスを作り、運営し、啓蒙しようとする人たちを追ったドキュメント作品である。そうは言っても、主役はあくまで子供たちであり、その家族である。そのうえで、この活動に携わっているすべての人々をリスペクトする

2021/01/14

感想・レビューをもっと見る