読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帰って来た木枯し紋次郎

帰って来た木枯し紋次郎

帰って来た木枯し紋次郎

作家
笹沢左保
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784103092056
amazonで購入する

帰って来た木枯し紋次郎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんぶん

【図書館】紋次郎が帰って来た。 膾斬りにされた紋次郎、危うく死ぬところを昔、助けた恩義を感じた板鼻の花菱屋友七に助けられる。 紋次郎が板鼻宿で過ごしたあれこれを描く渡世人のその後。 もう決して若くは無い紋次郎の渡世、生き方、死生観を描いて見せる笹沢氏、何やかやあって又、道中合羽を纏う紋次郎、新たな旅立ちである。 さあ、これから「旅編」だが、老境に差し掛かった紋次郎に明日は有るのか・・・

2021/07/17

Wood

乾いた文体が、紋次郎の虚無感を際立たせる。紋次郎が堅気と関わりをもたないのは、それが渡世人として別の世界を生きている彼のルールだから。それを頑なに守ろうとするが、老いを感じるようになった孤独な渡世人の姿は悲しい。

2013/11/27

感想・レビューをもっと見る