読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あの人の食器棚

あの人の食器棚

あの人の食器棚

作家
伊藤まさこ
出版社
新潮社
発売日
2009-02-01
ISBN
9784103138716
amazonで購入する

あの人の食器棚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

リコリス

伊藤まさこさんがお友達のお宅にお邪魔してご飯を作って一緒に食べる楽しい一冊♬ どのおうちの台所もシンプルでおしゃれ、そして懐かしい感じの所もいい。食器も欲しくなるようなものがたくさんで困った(笑)お料理も素朴な材料で素材の良さを引き出すような塩、オリーブオイル、お酢を使ったシンプルなものが多くどれも身体にも優しく美味しそうだった♡鶏ガラとレモングラスでスープ、長ネギのマリネ、お揚げの焼いたのどれも美味しそうだけど、大きなプリンは是非作ってみようと思った♪

2016/04/05

pon_chan

木工家の井藤昌志さんちが素敵。広がる田んぼ、後ろに山、母屋の隠居部屋に間借りの生活。ちんまりとした古い食器棚、ストーブでフライパンでパンを焼く、その傍に飼い猫がぬくぬく。木の器、木のトレイ、焼きたてのパンが似合う!・ このキッチン見たことある!と思ったら野田琺瑯の野田善子さんちでした。コンセントプレートまで琺瑯。・料理家 飛田和緒さんちの収納されてる食器棚もスッキリしてていいな!並んでる器も好み。塩壷、お粥セットのおかずいろいろ豆皿。・締めくくりの大橋歩さんちはやっぱり素敵なのでした。

2015/05/04

アコ

よそのお宅の食器棚を拝見する機会ってあまりないけども大好き。なんとなくその暮らしぶりが出ちゃうのが食器や鍋、調理道具たちかもしれない。数あるなかで『反物で買って切って使う麻のランチョンマット』『シェーカーボックス』が特に素敵。またキッチンそばに低い食器棚をセンスよく使われているかたが多く、その使い勝手のよさ含め欲しくなってしまった。わたしには海外旅行の趣味はないけども、これぞ!という器に出会いそれを大事に抱えて帰国するのって憧れるね。「お料理が好きな人は愛情細かい人でしょう」という言葉が印象深い。

2014/11/20

スノーマン

宮下奈都さんのエッセイの中で出てきた本。どのお家の食器棚もそこにある食器も、整理整頓されすぎず毎日使われるのを待っている佇まいが良かった。それぞれの家族に、その地域に応じた食器棚やから全て参考になるわけではないやろけど、食に関する物を大切に使い料理をする、丁寧に生きている様子が伝わってくる本やなぁ。

2013/12/07

野のこ

そう言えば家族や親戚以外の食器棚って見たことないかも!と興味津々で読みました。笑顔で迎えてくれた人たちと食器棚、器、料理と一つの線で繋がるように馴染んでいるのが印象的でした。とくにお邪魔したいなぁと思ったのが宮脇さん宅。「あれがおいしかった」「この前こんなものを食べた」とかのおしゃべり私も大好き♡「バルサミコ酢をちょっちょっと振って、胡桃なんかと一緒に合わせれば最高!」っていう説明だけで美味しそう。それにジノリのお皿を盛り付けたらもう、うっとりでした。

2017/03/18

感想・レビューをもっと見る