読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美術館へ行こう: ときどきおやつ

美術館へ行こう: ときどきおやつ

美術館へ行こう: ときどきおやつ

作家
伊藤まさこ
出版社
新潮社
発売日
2018-04-26
ISBN
9784103138747
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

いつも通っているところ、気になっていたところ。北海道から鹿児島まで、個人美術館から文学館まで。人気スタイリストが、全国各地の、街に馴染んだ、居心地のよい、24の小さな美術館をご案内します。お土産やカフェなど、鑑賞後のおたのしみもあわせて。のんびりしに、気分転換に、元気をもらいに、ちょっと美術館まで。 ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

美術館へ行こう: ときどきおやつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

図書館本。全国の個性的で小さな美術館が24ヵ所、付近で食べられるおやつとともに紹介されている。普段企画展を目的に美術館に行くことが多いが、たまにはこんな小さな美術館自体を目当てに行くのもいいなと思った。「多治見市モザイクタイルミュージアム」「アサヒビール大山崎山荘美術館」にはぜひ行ってみたい。写真もきれいでページをめくってるだけで、全国の美術館を旅したような気分になれる素敵な一冊でした。

2019/09/09

野のこ

作品だけではなく建物や周りの庭園を含めて素敵な美術館ばかりで楽しかったです。ときどきおやつも♡以前から行きたい「六花の森」(バターサンドのアイスクリーム美味しそう)「碌山美術館」載ってた。柳宗理記念デザイン研究所は今度行こう。「アサヒビール大山崎山荘美術館」美しい!いつか行けたらいいなぁ。また、まさこさんがたくさん写ってて嬉しかったです。

2018/06/27

ネコタ

著者・伊藤まさこさんが大好きな美術館を紹介しているのと、美術館に併設されているカフェや美術館の近所で食べられるおやつを紹介している本。どこも素敵な美術館だった。北海道・六花の森、石川・柳宗理デザイン研究所、東京・ヤマサコレクション、東京・ちひろ美術館、神奈川・鎌倉文学館に行ってみたいかなー。東海地方からは多治見モザイクタイルミュージアムがエントリー。

2018/06/11

シフォン

読友さんのレビューで知った本。著者お気に入りの美術館を紹介している。行ったことがあるのは、鎌倉文学館と大山崎山荘美術館のみだった。この2つは、私もお気に入りの場所なので、著者が進める他の場所にもぜひ行ってみたい。まずは近場から。また、合わせて紹介されているおやつが素朴なものが多くていい感じですね。うどんもあるし(*^^*)

2018/08/11

tomatobook

朝倉彫塑館・鎌倉文学館が載っていて嬉しい、私の大のお気に入り。行ってみたいのは柳宗理記念デザイン研究所・モザイクタイルミュージアム・大山崎山荘美術館。丸亀駅に降り立った時、あのアートな空間はなんだと思っていたけど猪熊弦一郎現代美術館だったのか。時間がなくて寄れなかったのは残念。この本には紹介されていないけれど、東山魁夷せとうち美術館がよかった。静謐な空間の中、ゆっくり鑑賞できてカフェからの景色が素晴らしかった。

2018/12/02

感想・レビューをもっと見る