読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鳥居の密室: 世界にただひとりのサンタクロース

鳥居の密室: 世界にただひとりのサンタクロース

鳥居の密室: 世界にただひとりのサンタクロース

作家
島田荘司
出版社
新潮社
発売日
2018-08-31
ISBN
9784103252351
amazonで購入する Kindle版を購入する

鳥居の密室: 世界にただひとりのサンタクロース / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

『屋上』のリベンジ期待。結果…270頁の内、半分近くある回想シーンで、タネも仕掛けもすべて明かされ、実質、全体の3分の2近くが解決編。なら短編か中編で良かったのでは…。トリックも短中編向き。そもそもこのシリーズ、御手洗に後付けの天才設定を盛り込み過ぎたせいで、不可能犯罪と格闘する探偵の姿を描けないという自縄自縛に陥っていて、御手洗登場と事件解決がイコールになってしまった感がある。こうなると、よっぽどのトリックでなければ、物語も盛り上がらない。冒頭の落武者シーンも、読み終わってみると、なぜ書いたのか疑問。

2018/09/18

starbro

島田 荘司は、新作中心に読んでいる作家です。御手洗潔シリーズ最新作ですが、御手洗氏、京大時代のエピソードのため、昭和の香りの叙情恋愛ミステリでした。幼い頃のクリスマス、サンタクロースのエピソードは大事です。

2018/09/17

chiru

『厳重な密室に殺人者とサンタがいた』と帯にあり、サンタのイメージが先行して、人情ものかなと予想しながら読みました。京都の錦天満宮の鳥居が突き刺ささった住居で起きた密室殺人と姿を消したサンタの謎。そもそも、鳥居が刺さる建物って??? そこからイメージできなくて謎なのに、謎解きパートも難解。御手洗探偵の頭脳ですべての謎解きが完結するのが少し残念。石岡さんにも登場してほしかったなぁ…。でも密室の仕掛けは面白そうで、実験してみたくなりました。近々京都へ行くので、鳥居の刺さる珍しい建物を見てみたいです。 ★3.5

2019/05/30

aoringo

密室殺人とサンタクロースからのプレゼントの謎。トリックは分かってしまうとそんなものかと大きな驚きはない。でも読み終わって温かな気持ちにさせてくれる。他に見る島荘さんの奇想天外なストーリーではないけれどこれはこれで良かった。ひとりぼっちなんかじゃない、家族でなくてもわかり合える。人と人を繋ぐいい話。御手洗さん、優しいな!やっぱり好きだ。

2019/12/07

nana

初読みの作家さん。読みやすく、面白かった。 楓に対する国丸さんの想いが切なく、クリスマスのエピソードがすごく良かった。 ミステリーだけど、心温まる話だった。

2018/10/23

感想・レビューをもっと見る