読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

深夜特急〈第三便〉飛光よ、飛光よ

深夜特急〈第三便〉飛光よ、飛光よ

深夜特急〈第三便〉飛光よ、飛光よ

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
1992-10-25
ISBN
9784103275077
amazonで購入する

深夜特急〈第三便〉飛光よ、飛光よ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やまこ

インドのデリーからロンドンまであえてバスで行く旅。やっとここまで来たか感。ヨーロッパらしいオシャレなエピソード満載の中、筆者は旅の終わりに満足せず寄り道に寄り道を繰り返し、ようやく旅の果てに何が待っていたのかを見る。この終わりでは夢を抱いてしまって浮浪滞在者になる読者を無駄に増やすのではないかと思える暴力的な魅力。若い人はある意味読まない方がいいと思う。私は地中海のフェリーの甲版で女の人と酒を飲みながら夢うつつの会話をした所が好きですね。

2016/11/26

ヘビメタおやじ

正体のよく分からない異国の旅人を誕生パーティーに連れていくギリシャ人、泊まるところがなければ家に来いと言ってくれる人々。日本では考えられない素敵な出会いは外国ならではだなあと思って、ふと、待てよ、これは国ではなく時代かもしれないと思い直しました。昭和の下町ならば、こんな気のいいおっさんはいたんじゃないでしょうか。今も本書の国々は旅人に優しいのだろうか、そうあって欲しいものです。

2019/03/19

雲國斎

こんな素晴らしい旅を20代の一時期に経験できるなんて、ほんとうにうらやましい…。訪れた先々で筆者に手を差し伸べた異国の良き人たちとのふれ合いがこの長い旅の記録を心地よい読み物にしている。「ワレ、到着せず」の結びも良いね。あぁ、もう一度20代をやり直したい…!

2021/10/06

再び読書

6年という時間は残念ながら、ぼくから情熱を失わせてしまった。

ランラン

旅とは何か?それは人生そのものであると。旅の始まりは手探りで歩む幼年期の人生と、旅の終わりは人生の晩年期に重なってくる。どこで旅を終えるか。著者は旅先で会う人と接することで自分を探しをしながら旅を続けている。

2020/09/25

感想・レビューをもっと見る