読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

作家との遭遇 全作家論

作家との遭遇 全作家論

作家との遭遇 全作家論

作家
沢木耕太郎
藤田嗣治
出版社
新潮社
発売日
2018-11-30
ISBN
9784103275206
amazonで購入する

作家との遭遇 全作家論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

沢木 耕太郎は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。40年以上前から現在に至るまで書かれた作家論なので、ほとんどの作家の名前を知っていても、ほとんどの作品を読んでいないのが残念です。しかし本書で著者の卒論「アルベール・カミュの世界」を読むとは思いませんでした。経済学部なのに文学部的なテーマの卒論を優と評価し、卒業させた横浜国立大学は太っ腹過ぎます(笑)もし卒業していなければ、作家 沢木 耕太郎は存在していなかったかも知れません。

2018/12/13

鉄之助

沢木耕太郎は「旅」と「遭遇」で出来ている、とつくづく思った。沢木と22人の個性的な作家との遭遇が、キラキラと綴られている。「必死の詐欺師」は、井上ひさし。「記憶を読む職人」なら向田邦子。「獅子のごとく」は、なんと高峰秀子。各章の表題が秀逸だ。向田の項は、原稿を書いている最中に台湾上空での飛行機事故で向田が亡くなる、という劇的状況を淡々と描き、心を揺さぶられた。初出は、文庫本の「解説」が多いようだが、集めてみるとそれぞれに味があって、さすが沢木耕太郎、と思わせる。

2018/12/27

佐島楓@勉強中

文章にセンスがあるように、読みにもセンスがある。自分の表現力と読む力のなさを痛感させられる読書だった。鋭利な言葉で文章研究を行っても、その背後に作家への深い敬意が読み取れ、また表現者として学ぶ姿勢が見て取れるので、まったく上から目線にもならない。ただただ的確である。送ってもらった本だが、父の読書センスの高さにも負けていることに気づかされ、悔しい。

2018/12/21

つくえくん

沢木耕太郎の文章は、入り込もうとすると突き抜けてしまって、ほどほどでいようとすると表面からはじかれてしまうような不思議な文章だ。吉行淳之介が銀座で沢木耕太郎と一緒にタクシーに乗った時、「沢木さんいくつになった」と聞いて、年齢を確認したのち「いちばんいい年齢だよなあ」と言い、数年後も同じように繰り返したエピソードが好き。経済学部でカミュで卒論とは!

2019/01/16

trazom

沢木耕太郎さんが23人の作家を論じる。自分自身の思いと沢木さんの鋭いコメントを対照させながら読むと面白い。ノンフィクションか小説かという吉村昭さんの論考になるほどと感心し、近藤紘一さんの優しさに胸がいっぱいになる。沢木さんの評論は、突き放したような冷徹な視線の奥に、優しさがある。記憶を読む職人・向田邦子や、必死の詐欺師・井上ひさしという形容も絶妙。一方、小林秀雄さんや塩野七生さんの評には納得がいかない。一面だけが切り取られすぎてはいまいか…。卒論(経済学部の!)として書かれたカミュに沢木さんの原石を見る。

2019/01/18

感想・レビューをもっと見る