読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

沙林 偽りの王国

沙林 偽りの王国

沙林 偽りの王国

作家
帚木蓬生
出版社
新潮社
発売日
2021-03-26
ISBN
9784103314257
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

沙林 偽りの王国 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

化学のお勉強のような所はかなり斜めにページを捲ったがそれでも長い(汗)あの団体、関連する沢山の事件。あの頃TVや新聞から田舎に住む私だってとても怖く不安に感じた。教団施設に捜査が入る映像を『もっと早くに突入できなかったのか?」と思っていたのを思い出す。【サリン】初めて知った言葉だったけれど、結局麻原はあの組織は何だったんだろう…忘れたいけど忘れられない事件だ。麻原以下13人に死刑執行されても、犠牲者や今も苦しまれている方々にはたまらなく虚しいだろう。松本サリン事件から27年、帚木作家の執念を感じた。

2021/04/26

のぶ

本書は、小説と言うよりオウム真理教の一連の事件に関するノンフィクションですね。地下鉄サリン事件からもう26年が過ぎてしまった。麻原と教団幹部の行った暴挙は、今でも忘れられないけれど、帚木さんは教団が創設される経緯から、数々の事件、裁判に至るまで、詳細かつ整然と記述されていて、思わず引き込まれてしまった。また現役の医師でもあり、医学的見地から、サリン他一連の毒物への解説が詳しいが、こちらは難解だった。いずれにせよ、過去に例のない凶悪な犯罪をこれだけの大作にまとめ上げた手腕は大いに評価したい。

2021/04/10

ゆみねこ

忘れてはならないオウム真理教が起こしたテロ事件と、一人の狂った男の野望に踊らされ巻き込まれた信者たち。何よりもサリンの後遺症で今なお苦しむ方々、大切な人を失ったご遺族。九州大学の沢井教授を語り手とした小説の形をとったノンフィクション。難しい科学的記述は斜め読みだったが後世のために残して置くべき1冊。

2021/07/08

さっこ

オウム真理教による「地下鉄サリン事件」を、膨大な資料や知識により描いた作品。小説というより史実と思わせられるくらい丁寧な取材や知識が際立っています。完全に全貌が解明されたとは思っていないけれど、裁判としては終結をみた一連の事件。医学書のような部分もあり、話についていけない部分もあるけれど、「教祖出廷」の章など興味深く読みました。コロナ禍の現在も、サリン事件などの際にも、医療従事者の皆さんには感謝しかないです。

2021/04/25

しゃが

長いフィクションだが、大量の資料に基づいたノンフィクションの態をなしていた。あのオウム真理教の一連の事件や裁判を大学の医学部教授が化学兵器ともなるサリンなどを判断し、対応マニュアルを作成し、犯罪の意見書など関わっていく…。薬品などの記述で科学雑誌を読んでいるようで、日付やフルネームの多い記述があり、読みづらった。が、あの頃から日本の危機管理の甘さ、警察だけではない初動の遅さを再確認した作品だった。「宗教が倫理観を黒塗りにする」とあったが、宗教を国家に書き換えたときは…。

2021/04/25

感想・レビューをもっと見る