読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

決定版 日本の喜劇人

決定版 日本の喜劇人

決定版 日本の喜劇人

作家
小林信彦
出版社
新潮社
発売日
2021-05-20
ISBN
9784103318286
amazonで購入する

決定版 日本の喜劇人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kokada_jnet

再読。「日本の喜劇人」は過去に10数回は繰り返し読んでいて。「日本の喜劇人2」(「喜劇人に花束を」改題)のほうも4、5回は読んでいる。続けて読むと、「2」のほうの、異常な脅迫観念にとりつかれていた喜劇人「藤山寛美」の実像を描く章が、やはり、もっとも印象深い。

2021/06/08

Inzaghico

わたしはここに出てくる「喜劇人」をリアルタイムで見られた最後の世代だろうか。喜劇をやらなくなってしまってからの人も多いが、それでも、その人が出てくるだけでおかしい、というのはわかる。さすがエノケン・ロッパには間に合わなかったが、伴淳三郎、益田貴頓、由利徹、クレイジーキャッツ、三波伸介、コント55号、伊東四朗と小松政夫……。喜劇が得意(そう)だった宍戸錠も登場する。当然、渥美清、森繁久彌も出てくる。

2021/05/30

感想・レビューをもっと見る