読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひとつむぎの手

ひとつむぎの手

ひとつむぎの手

作家
知念実希人
出版社
新潮社
発売日
2018-09-21
ISBN
9784103343820
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ひとつむぎの手」のおすすめレビュー

医局内の争いの中、理想の医師を目指す… 現役医師が描く、究極のヒューマンドラマ

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)

 医は仁術。医術は単なる技術ではなく、人を救う道であるはずだ。だが、残念ながら医師にとって正しい道を常に進み続けることは難しい。医局に入局すれば、出世競争に巻き込まれることもあるし、いざこざもある。どの医師も何らかの志や理想を持って医師という道を選んだはずだが、それを忘れて私利私欲に走ってしまう者も少なからずいる。

「天久鷹央」シリーズ、『螺旋の手術室』『優しい死神の飼い方』『仮面病棟』などの作品で知られる現役医師・知念実希人氏の新刊『ひとつむぎの手』は医局内の争いの中で、患者を救うために奮闘する医師の姿を描いた作品。誰よりも努力家でまっすぐな主人公があらゆるしがらみの中で自分の道を見出していく姿は何だか読者まで勇気づけられる。

 主人公は、心臓外科の執刀医を志し、大学病院の過酷な勤務に耐えている平良祐介。彼は医局の最高権力者・赤石教授に、3人の研修医の指導を命じられる。赤石教授曰く、研修医の3人のうち2人以上を心臓外科に入局させたら、ずっと祐介が望んできた関連病院への出向を考えてやってもいいという。「一流の…

2018/9/23

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ひとつむぎの手」の関連記事

「ポスト東野圭吾」! 医療ミステリーの旗手・知念実希人作品おすすめ11選&インタビューまとめ

 今もっとも勢いのあるミステリー作家といえば、知念実希人をおいて他にいないだろう。その勢いは「ポスト東野圭吾」と称されるほど。累計発行部数100万部突破の『仮面病棟』は今年坂口健太郎主演で映画化。最新作『ムゲンのi』は「本屋大賞2020」にノミネートされ、『ひとつむぎの手』に続き、2年連続で本屋大賞ノミネートを果たした。知念実希人の魅力は、現役の医師として培った医療知識とミステリーを巧みに融合させたストーリー展開にある。ここでは知念実希人の作品のレビュー・インタビューをご紹介するとしよう。

このまとめ記事の目次 ・ムゲンのi ・知念実希人インタビュー(2019) ・仮面病棟 ・天久鷹央の推理カルテ ・幻影の手術室  天久鷹央の事件カルテ ・ひとつむぎの手 ・リアルフェイス ・祈りのカルテ ・知念実希人インタビュー(2018) ・優しい死神の飼い方 ・黒猫の小夜曲 ・崩れる脳を抱きしめて ・屋上のテロリスト

【本屋大賞ノミネート】史上空前の読書体験! ユタの力を手に入れた女医の医療×ミステリー×ファンタジー『ムゲンのi』

『ムゲンのi』(知念実希人/双葉…

2020/3/22

全文を読む

「2019年本屋大賞」決定!! 大賞は瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 全ノミネート作の順位を発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2019」の受賞作が決定した。

 16回目となる今回のノミネート作品10作の中から大賞に選ばれたのは、瀬尾まいこ氏の『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)!

■2019年本屋大賞受賞作 『そしてバトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

レビュー全文を読む

関連記事「今月のプラチナ本」

 翻訳小説部門では『カササギ殺人事件(上・下)』(アンソニー・ホロヴィッツ:著、山田 蘭:訳/東京創元社)が選ばれた。

レビュー全文を読む

■気になるその他のノミネート作品は――

■2位 『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

■3位 『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

■4位 『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)

レビュー全文をこちら

■5位 『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

■6位 『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

■7位 『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)

レビュー全文をこちら

■8位 『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)

レビュー全文をこちら

■9位 『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮…

2019/4/9

全文を読む

関連記事をもっと見る

ひとつむぎの手 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

2019年本屋大賞にノミネートされたので、読みました。ノミネート作8/10、知念 実希人昨年の本屋大賞ノミネート作『 崩れる脳を抱きしめて』に続いて2作目です。本書は、シリアス医療ミステリ感涙作でした。佳い作品だと思いますが、大賞を獲る程の勢いはないので、4~7位レベルではないでしょうか?続いて『そして、バトンは渡された』へ。

2019/03/06

ウッディ

心臓外科医である平良の元に3人の研修医が来る。過酷な心臓外科に2人以上入局させれば希望する病院への出向させてもらう約束をする。患者や家族の心に寄り添い、最善の治療を考え、手を抜かない平良は優しくそして強い。そんなひたむきな姿は、やがて研修医3人の心をつかむ。専門知識や技術の前に人間力が必要とされる仕事、それが医者であって欲しいと思いました。不治の病で再入院した絵理香ちゃんと家族の話、特に研修医の宇佐美への対応には、涙ボロボロになり、自分も平良の強さと優しさに心をつかまれた一人です。とっても面白かったです。

2019/01/12

zero1

医師は泣く権利がない。泣けるのは家族だけ。心臓外科医としての道を進みたい祐介は大学病院で9年目の医局員。教授は彼に3人の研修医を指導させる。2人を医局に入れれば希望通りの出向を認めるという話で。激務を見せるのか悩む祐介。患者を内科的に治療するか、外科が手術するかで決断。告発状も絡む中、腹部外傷のオペはスピード感あり!。少女のガンでは指導医としての厳しさを見せる。結局、どこに出向するのか?まさに医師しか書けない内容。教授の病気などご都合主義の部分はあるが、人間ドラマとして読んで損はない。19年本屋大賞8位。

2020/03/23

ケンイチミズバ

大学病院内部の権力争い、教授間の派閥抗争、怪文書、出世を餌に巻き込まれ利用される正義感、王道だ。王道過ぎて喜怒哀楽もテレビドラマチック(勝手に作った造語です)なチープな感が残念です。研修医たちが青過ぎて、幼すぎてこれが現実なら少し恐い。がしかし、わが社の新人研修にもふと思いが馳せた。何でこんなに幼い?大株主筋か、また政治家がらみか?だったら君と君は出世コースじゃないか!こちらこそよろしく!心臓外科が報われないということはよく理解できました。私など会計部門が長く、バブル崩壊から今日まで全く報われません。

2019/01/07

ムーミン

自分は何のために仕事をするのか。誰のどんな顔を見たくて毎日何に力を注ぐのか。つい自分を見失ったり、でもいろいろな出会いの中で、自分の原点に立ち返ったり、物の見方考え方を広げたり深めたり。最後は勇気をもらいました。

2019/01/24

感想・レビューをもっと見る