読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

作家
大塚ひかり
出版社
新潮社
発売日
2019-08-21
ISBN
9784103350934
amazonで購入する Kindle版を購入する

エロスでよみとく万葉集 えろまん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keith

万葉集をエロく翻訳してイジってます。古代は今と比べて性もフリーだったようです。万葉集なんて大体が好きよ、逢いたい、待ってるわ、なんて夜のお店でおネーチャンがよく言うような歌が多いですからね。それでも万葉集に興味を持つとっかかりになりそうです。

2020/02/24

はるわか

天の川相向き立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き設けな(天の川に向き合って立ち、私が恋し続けたあの方が来る。パンツを脱いで待っていよう)。性愛を重視する日本の国柄。日本では好色がほめことばに。森羅万象にエロを見る。万葉集のエロの秘密は母にある。子(特に娘)の結婚の決定権を持つ母。古代、性=政だった。古事記、日本書記は誰がどの一族の女と結婚し、どの女からどんな子が生まれたの連続。古代、高い女性の地位。

2020/04/05

loanmeadime

”ゆるやかに着てひとと逢ふ蛍の夜”、という桂信子の句にドキッとしたことがありますが、万葉人はゆるやかどころではなく、”人の見る 上は結びて 人の見ぬ 下紐開けて 恋ふる日そ 多き”、と著者の訳ではパンツ脱いで待っている、となるそうで、母系社会のおおらかさが万葉集には満載だそうです。永井路子さんとか恋愛を中心にした著作は二三読んだことがありますが、セックスを中心にした万葉集の話は初めてで、とても面白かったです。源氏物語と対比させているのも興味深かった。

2020/04/27

*+:。.もも.。:+*

でっかくタイトルが書かれているが「万葉集」だからっ!確かにいたいけな中学生の頃は「こんなに色っぽい内容を授業でやってもいいの?」なんて思ったもんだが。母系制説やBL説など説得力があって面白い。

2019/10/21

イカまりこ

おもしろかった♪超訳された歌を脳内でさらにEXITのかねちやゆきぽよの声で読む私w 中国文学の影響を受けてる万葉集の日本っぽいとこは「エロ」って断言しちゃう作者さん。その感覚好きだわ。確かに以前読んだ中華古典は仙女や鬼女がエロの相手で生身に女性は出てこなかった。万葉の時代、実は母系体制であること、だから日本には宦官がいなかったことなどドストライクな知識がいっぱい。三国志好きな私だが何が一番興味あるの?って言われたら宦官なのよ。チン切りw 今後使わせていただきたいワードだった。インパクトある本でした。

2020/03/08

感想・レビューをもっと見る