読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

作家
万城目学
出版社
新潮社
発売日
2017-06-22
ISBN
9784103360124
amazonで購入する Kindle版を購入する

パーマネント神喜劇 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

【サイン本】万城目学ファン必見の作品でしたね!面白かったです。あのビルに、あの子も出てきて、ちょっとしたオールスター感謝祭です(笑)神様の仕事も大変だよ。決して神々の遊びではないことがわかりました。ノルマもあるらしいし、神様の苦労も伝わります。昇格も考えて一生懸命、頑張っている神様だからこそ、自分達は常日頃、神様に感謝をしなきゃいけないですね(^^)短編集ですが、どの話も好きです。久しぶりにソフトで軽快な万城目ワールドを堪能できる作品でした(^-^)

2017/07/17

starbro

万城目学は、新作中心に読んでいる作家です。パーマネント(永遠なる)神が活躍する連作短編集、さらりと一気読みしました。オススメはバベル九朔も登場する『トシ&シュン』と表題作の『パーマネント神喜劇』です。私は無神論者ですが、こんな神様(但し、ビジュアルは好きじゃない)だったら信じても良いかなぁ(笑)

2017/08/07

ウッディ

主人公は、神社の神様(表紙の絵のような)。専門分野は縁結び、せこくて、小心者だけど、根は善人。まだ下っ端だけど、恋の願いを一つでも多く成就させて、自分の昇進をもくろむ、そんな人間くさい神様が繰り広げる神の世界のドタバタコメディと小さな奇跡を使っての幸せなカップルの誕生物語。ほのぼのとした神社業界(?)の裏話を読んでいるようで、こんな神様がいるなら、もう少お賽銭を増やしても良いかなと思いました。それにしても、万城目さんは、どうしてこんな奇想天外な物語は書こうと思うのか、頭の中をのぞいてみたい。

2018/01/26

マ・クベ

つかみ所がたくさんあり、心温まる作品でした。今までにない感じで、楽しく読み進めることができました。バベル・かのこちゃんあたりが出てきて、また、そちらも読みたくなりました。

2017/08/01

つるちゃん0719

久しぶりに万城目さん。不思議、面白さで一気読みでした。『つとめる、かみさま』読んでみたい! あと地震は何処で起こるのかな?

2017/10/15

感想・レビューをもっと見る