読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの夏の正解

あの夏の正解

あの夏の正解

作家
早見和真
出版社
新潮社
発売日
2021-03-17
ISBN
9784103361534
amazonで購入する

ジャンル

あの夏の正解 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

早見 和真は、新作中心に読んでいる作家です。2021年本屋大賞ノンフィクション本大賞ノミネート作ということで読みました(既読4/6)著者のノンフィクションは、初読です。著者の高校野球愛が感じられる作品でした。本書はこれで好いですが、プロ野球が開催されているにも関わらず、高校球児の夢を奪った安易で無能な大人たちの責任を追及しても良かったのではないでしょうか?著者が桐蔭学園で甲子園を目指す高校球児だったとは思いませんでした。また高橋由伸を見てプロを諦めたとは知りませんでした。

2021/12/23

いつでも母さん

いつか…いつか「あの夏」の答えを聞かせてほしい。ここでは済美と星陵を取り上げているが、日本中の高校球児と保護者、指導者や関係者だけじゃなく2020年、コロナ禍に翻弄された全ての人に届くだろう。何度も泣けてしまった。正解はそれぞれ違うかもしれないが、それでいい。それが好い。レギュラーとレギュラー外、どうしたって口に出来ない思いもあるよね。大会があっても無くても『甲子園』は常にそこにあった。誰の胸にもきっと自分だけの『甲子園』があるといいな。早見さん、良かったです。

2021/04/06

ウッディ

コロナのためにセンバツに続いて夏の全国大会までもが中止になってしまった高校野球。甲子園という目標を失った愛媛の済美高校と石川の星稜高校の特別な夏を追いかけたドキュメント。コロナ禍によって突然奪われてしまった夢と球児たちがどのように折合いをつけたのか、そして彼らにどのような声をかけるのが良かったか悩む監督、名門高校の野球部に入りながら、ベンチ入りもできなかった自らの高校時代を重ねながら、優しく深く球児の心に切り込んだ一冊。物わかりの良すぎる彼らの言葉は、若者らしい強がりで、自らを支える言葉であった気がする。

2021/09/19

美紀ちゃん

ドキュメント。 大会の常連校、済美・星稜の2校をインタビュー取材した形式だが、泣ける。 高校野球は、それだけで青春の塊で、泣けるドラマがたくさんある。 ましてや、オリンピックを含めあらゆるものが中止になった2020年。 高校球児の想い、悩んだこと、乗り越えたもの、、、。 泣ける。

2021/06/24

みかん🍊

2020夏の甲子園が中止になった、愛媛と石川の2強豪校を強豪校で補欠だった元球児の作者が取材したノンフィクション、序幕から泣けてきそうになった、甲子園というのは特別で暑いから京セラドームでええやんとは誰も言わない、ただの高校野球全国大会ではないのだ、甲子園で優勝するために必死で練習してきた球児たちや監督がどう思い行動したのか、それを知りたい教えて欲しいと、甲子園がないならやめて勉強にシフトするのか、最後までみんなで部活を続けるのか、未だかって誰も経験したことのないあの夏正解は何なのか誰も分からない。

2022/01/11

感想・レビューをもっと見る