読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

夏の騎士

夏の騎士

夏の騎士

作家
百田尚樹
出版社
新潮社
発売日
2019-07-18
ISBN
9784103364146
amazonで購入する

夏の騎士 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

百田 尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。著者版、少年時代、スタンド・バイ・ミー、青春小説の佳作でした。少し出来過ぎ感はありますが、多少私小説入っているのでしょうか?久々すんなり心に沁みこむ物語です。ところで著者の小説引退宣言は、本当でしょうか?

2019/08/02

まるけん

手のひらにお互いの汗を感じながら彼女と下校した最後の夏を思い出した。幼い頃はわざと相手の嫌がる事をして、成長するにつれて相手の顔色を伺うようになる…。作品の中に出て来る初めてのキスシーン。自分の過去とシチュエーションが似ていて、より作品に引き込まれたなぁ。そして、最後の数行がこの本を手にした幸せをより感じさせてくれます。中高生の夏休み課題図書にどうぞっ。まぁ、一部のPTAには反発を食らう事でしょうが。さぁ、次は亡き祖母が飼っていた『らんちゅう』を思い出しながら赤松ちゃんに再会、『らんちう』へ。

2019/07/31

おしゃべりメガネ

色々と賛否両論?されている百田さんですが、やっぱりなんだかんだいって書く作品は面白いですね。タイトルにあるように「夏」をテーマにした作品で、映画『スタンド・バイ・ミー』を彷彿させてくれる素晴らしい内容でした。時は昭和の終わりの直前63年を舞台に「ヒロ」「陽介」「健太」の三人は'騎士団'を結成します。憧れの女子を守る(近づく)ために結成された騎士団も、とある事件をキッカケとして思わぬ方向に。子供の頃、誰もが経験したようなひとコマを甘酸っぱい懐かしさとともに爽やかに描いています。夏にふさわしい作品でした。

2019/08/18

sea&pink(しーぴん)

昭和最後の夏、小6のヒロは「騎士道精神」に感化され、友人達3人で騎士団を結成する。クラスではバカにされる冴えない3人組だけど、騎士道の精神に恥じない矜持を持とうと誓い合って。街では未解決の少女殺害事件が影を落とし、3人組は犯人を突き止めようと秘密基地を作り活動を始めるが…。「勇気」「正義」と一言で言うけれど、実現するにはどうしたらいいか、少年少女たちの行動の積み重ねで教えてくれる。令和元年、大人になったヒロの回想としての物語。事件はどうなったのか、その後どんな大人になったのか、読み始めるとやめられない。

2019/08/02

ゆみねこ

小6の3人組が過ごした昭和最後の夏。憧れのクラスの女子生徒を守るため結成した「騎士団」。そこに絡んでくる嫌われものの女の子。彼らが手に入れたのは、勇気と友情。とても素敵な物語。夏に読むのにぴったりの作品、お薦め本です。

2019/08/05

感想・レビューをもっと見る