読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

消えない月

消えない月

消えない月

作家
畑野智美
出版社
新潮社
発売日
2017-09-22
ISBN
9784103394822
amazonで購入する

消えない月 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ウッディ

ストーカー犯罪を被害者と加害者の目線から、交互に描いた問題作。マッサージ師のさくらは、出版社に勤める松原から告白され付き合い始めるが、彼の自分勝手な言動から別れを告げる。思い込み、執着、自分本位な理屈などストーカーの歪んだ心理と行動に、怒りと恐怖と気持ち悪さを覚え、同じ男性としても理解不能だった。暴力こそ振るわないものの、大量のライン、リベンジポルノ、職場への嫌がらせなど、女性が読めば恐怖しか感じないだろう。けど、付き合う前に違和感を感じなかったのだろうか?救いようのない結末まで、一気読みの面白さでした。

2018/10/28

新手田 円花@芸術をも超越する現実☆彡

今更ながら読了して帯を読んでみると、加害者と被害者、ふたつの視点からの「ストーカー」が描かれていた。特に終盤で思うことは、家庭環境と云うのはとても大事であり逃げ場が見いだせない狭い居場所を畑野さんは見事に読者に理解させる部分が秀逸だったと思わせてくれた気がします。事の良し悪しは別にして塀の中から出ることが出来たら松原はさくらに逢いに死を求めてしまうのだろうと想像させる内容はある意味で純愛を感じてしまう気もする読後感でした。

2020/05/09

taiko

怖い話。ストーカー被害の典型例のような事件が起こってしまいました。恋人がこういう人だった時は、本当にどうしたらいいのかと思ってしまいます。 さくらの対応にも問題があるようにも感じたところはありましたが、やっぱりそれだけではないし、松原の生育環境にも原因があるようにも思いますが、それだけでもないはず。 ひとつ何かが狂うと、こういうことが起こってしまうのではないかと、恐ろしさを感じずにはいられませんでした。 『月はいつも振り返るとそこにある。どこまで行っても、ついてくる。』タイトルがそのままで、ホントに怖い。

2018/01/31

fwhd8325

吐き気がするほどの衝撃でした。フラッシュバックのように場面が切り替わっても、それが頭から離れない。闇に浮かぶ月は、希望なのか絶望なのか。心の闇が、闇として隠れるのではなく、表に出て正当性を主張する時代。大なり小なり、そんな経験を持つ方は多いと思います。この物語は、物語だと思っていてもどこか既視感のようなもの感じさせてしまう怖さが離れませんでした。吐き気がするけれど、面白かった。

2017/12/07

utinopoti27

マッサージ師さくらの元に通う松原。お互いに惹かれあい、付き合うことになるが、松原の異常な執着に耐え切れず、別れを切り出したさくらに松原はストーカー行為を始め・・というお話。さくらと松原の視点が交互に入れ替わる構成で、抑制の効いた区切りの短い文章が、この救いのない話を余計に引き立てます。松原の歪んだ愛を非難するのは容易いけれど、さくらの優柔不断な行動にもこうした行為を助長する要因があるのでしょう。それにしても、実際にストーカーに取材したかのようなリアルな心理描写には驚かされます。畑野智美、注目の作家です。

2017/12/24

感想・レビューをもっと見る