読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

キッチン・ブルー

キッチン・ブルー

キッチン・ブルー

作家
遠藤 彩見
出版社
新潮社
発売日
2015-11-20
ISBN
9784103396819
amazonで購入する

キッチン・ブルー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

食に関する悩みや問題を抱える人々が主人公の短編6つ。「さじかげん」の主人公の旦那さんの言動、悪気がないだけに余計腹が立つのかも(とくに誕生日)。食べることって物心ついたときから関わることだから違う価値観の人と出会ってびっくりしたり反発したりすることがあって当然でそこからお互いの違いを理解しあったりする必要があるんだと思う。そう考えると結構深いなあ。

2016/10/18

ダイ

食に関する短編集。味気ない人生みたいなトラブル起こったらいやだなぁ。さじかげんが一番よかった。

2015/12/12

ゆみねこ

食にまつわる6つの短編。孤食・味覚障害・料理下手など、悩み多き男女6人の物語。給食のお兄さんとは違ったテイストで中々面白かったです。

2016/06/10

ぶんこ

題名に「ブルー」とついている意味が読むと分かりました。最初の2編で、読んでいてブルーになっていくようでした。人と食べられないなら、出かける前に食べていけばいい事じゃないのかな?何でここまで悩むのかな。大雑把な私には共感できず。沙代さんが料理に2時間もかけるなら、もっとやりようがあるでしょう?読み続けられるか不安になりましたが、その後は周りの意見を取り入れる主人公たちで救われました。キャバクラのスミレさんがいいな。屋上で「やったね〜」とハイタッチしたい。久津間さんが皆の救いになってると最後に気付きました。

2016/07/11

Ayumi

食べることは欠かすことのできないことであり、同時にとてもデリケートな側面を持っています。短編集に出てくる人たちはみんな、食に関する悩みをかかえていて、周りから見たら大したことないのではと思えることでも、あまりにデイリーなために、簡単には解決できないし、常に悩まされていて・・やっぱり、高級なものでなくても、美味しいものを楽しく食べたいですね。

2016/01/15

感想・レビューをもっと見る