読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

血の雫

血の雫

血の雫

作家
相場英雄
出版社
新潮社
発売日
2018-10-22
ISBN
9784103507628
amazonで購入する Kindle版を購入する

血の雫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

相場 英雄は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。旬のSNSや原発事故風評被害をテーマにした骨太社会派ミステリ、一気読みしました。今回は、犯人を応援してしまいました。福島出身の方は、なおさらではないでしょうか?我が儘な復興大臣は殺害しても良かったと思いますが、著者はネット炎上が怖かったのでしょうか?

2018/11/07

しんたろー

今や「社会派サスペンスの旗手」相場さんの新作はSNS社会へ警鐘を鳴らす序盤から、近作で一貫して描いている東日本大震災関連の問題点へ舵を切った物語…劇場型の連続殺人というエンタメ性と熱いメッセージを掛け合わせた力作だった。事件を追う左遷された刑事・田伏と元SEの警察官・長峰の人物設定が読み易さを産み出しているのも手練れの作家さんらしい。犯人の心情をもう少し書き込んでくれれば、共感性も増して傑作になった筈なのが惜しい!それでも、一気に読ませる構成も内容も一級品で「田伏&長峰シリーズ」の続編を期待したい🎶

2019/02/12

いつでも母さん

一面の黄色の絨毯・・除染後の栄養分をひまわりで補給すると言う畑が浮かんで消えない。【ふたばしょくどう】のメッセージの場面では胸が一杯になる。犯人『ひまわり』の思いが伝わるかどうかはこの国、この国民が試されているのだと思う。いわれなき中傷誹謗、風評被害、ネットの罪は深いし、都合のいいところだけ撮むマスコミに踊らされるのはいつも弱き者だ。血の雫が滝になる前に助けられた大臣を良かったと思えないのは私だけではないはず。国民総監視時代が来るようで怖い。何が真実か間違ってはいけない。お薦めです。

2018/11/16

Yunemo

福島への想いが書かせた作品、それをネットの匿名性で味付けをして。こんな想いに駆られて読了です。表題の意味がこんなことか、動機がさっぱりわからないままに最終局面へ、福島というキーワード、何だか翻弄されたままに。相場作品としてはまとまりがないままに最後まで。福島という動機、ネットによる拡散、血の雫の意味、どれもこれもが曖昧感を持ったままに完結なんて、欲求不満が残り過ぎ。田伏、長峰コンビをもっと浮きだたせてほしい、娘麻衣の存在も最後じゃなく初めから、とか要望事項が多過ぎて。悪い読後感ではないのですが、何となく。

2018/12/22

fwhd8325

おや?ちょっと毛色が違うなと思いながらも、そう単純なものでなく、かなり肉厚な展開でした。動機については、様々反応はあるでしょうが、今この時代だからこそのテーマでしょう。面白くも心に大きな問題を抱えた印象です。

2018/12/06

感想・レビューをもっと見る