読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ケの美: あたりまえの日常に、宿るもの

ケの美: あたりまえの日常に、宿るもの

ケの美: あたりまえの日常に、宿るもの

作家
佐藤卓
出版社
新潮社
発売日
2018-10-31
ISBN
9784103510727
amazonで購入する

ケの美: あたりまえの日常に、宿るもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akiᵕ̈*

オルビス30周年記念で、「ケの美」展なるものがあったのですね。第一線で活躍されている14人のデザイナー&クリエーターさんたちの、日常にフォーカスした、当たり前の中にある「美」とは、が垣間見れます。みなさんそれぞれに、大切に慈しんできているものたちは、どれも見ていて、わくわくします♩決して値段ではなく、その人にとっての大切にしてきているもの。ものを丁寧に扱うということは、その人自身、自分の事もきっと、丁寧に扱っているんだろうなと、わたしは思います。塩川さんのクマのポーチ、すっごく気持ち分かるなぁ。

2019/02/08

KOU

デザイナーの佐藤卓さんが編著ということで手に取った。日常を「ケ」として、当たり前の生活の中での美しさに焦点を当てている。だんだんと「ハレ」と「ケ」の違いが認識されなくなっている現代において、「ケ」の要素をどのように充実させていくのか。

2019/02/17

あめ子

「ケ」を意識する事で何気ない日常が豊かになる気づき。民藝にもつながる、役割のために工夫されたカタチの中の美。

2019/05/25

さくは

オルビス創業30周年記念「ケの美」展。展覧会のディレクターを佐藤卓が務めた。14人のクリエイターが選んだ日常の美のアイテムの写真とケの美についての文章で構成されている。土井善晴、隈研吾、千宗屋、小川糸、小山薫堂、皆川明など。

2019/02/04

そら

意識の密度が現象の密度(シンクロニシティ)

2020/10/03

感想・レビューをもっと見る