読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大家さんと僕 これから

大家さんと僕 これから

大家さんと僕 これから

作家
矢部太郎
出版社
新潮社
発売日
2019-07-25
ISBN
9784103512134
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大家さんと僕 これから」のおすすめレビュー

『大家さんと僕』と番外編本、そして矢部太郎さんのこと

『「大家さんと僕」と僕』(矢部太郎 ほか/新潮社)

 矢部太郎さんに初めてお会いしたのは『大家さんと僕』(新潮社)の単行本のインタビューの現場だった。まだ本が発売される前で、取材場所は大家さんもよくいらっしゃるというご自宅近くにあるクラシックな佇まいの喫茶店。矢部さんはこちらからの質問をいったん自分の中へ取り込み、手を口の下辺りに当てながらじっと考え、ひとつひとつ真摯に答えてくださる姿がとても印象的で、ちょっと意地悪な問いかけには「いやいやいや!」と照れ笑いで謙遜し、本を出せたことは「大家さんのおかげです」と素直に喜んでいらした。

 取材の後、矢部さんのご厚意でご自宅の場所を教えてもらった私は、漫画の中でホタルがいたと大家さんが話していた川を渡り、新宿区の外れにある木造2階建てのお住まいを拝見しに行った。舗装されていない地面に飛び石のある細い路地を抜けると、漫画に描かれた通りの家があって、「サイズを間違えて、大家さんの表札よりも大きくなってしまって」と照れながら話されていた「◯◯方 矢部」という表札もあり、漫画で描かれた世界の一端に触れられたようで…

2019/7/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「大家さんと僕 これから」の関連記事

【マンガ編TOP10】“鬼滅ブーム”の2019年。まだまだ根強い人気の『ONE PIECE』「人気記事ランキング」

 2019年は『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴/集英社)が一大ブームを巻き起こした年だった。主人公の少年・竈門炭治郎が、鬼と化してしまった妹・禰豆子を人間の姿に戻すべく奮闘するこの物語は、アニメ化をきっかけに人気に火がつき、原作マンガの年間売り上げは長らく連続首位を守り続ける『ONE PIECE』を追い越す勢いだったという。とはいえ、ダ・ヴィンチニュースの「2019年人気記事ランキング(マンガ編)ベスト10」を見てみると、『ONE PIECE』関連の記事が複数ランクインし、その人気はまだまだ根強いようだ。

 今年ダヴィンチニュースユーザーたちはどんなマンガに興味を持ったのか。「2019年人気記事ランキングTOP10【マンガ編】」を早速みてみよう。

【第1位】「嫉妬でぐちゃぐちゃだった」『レンタルなんもしない人』×『夫のちんぽが入らない』こだま対談

『レンタルなんもしない人』(レンタルなんもしない人:企画・原案、プクプク:著/講談社)

 2018年、Twitter上に突如として現れたサービス“レンタルなんもしない人”。テレビや雑誌でも紹介されるようになり、2019…

2019/12/28

全文を読む

「誰かの靴を履いてみること」元・底辺中学校に通う息子と考える、格差や差別と向き合う日常――ブレイディみかこさんインタビュー

 イギリス・ブライトンに移住して23年の著者・ブレイディみかこさん。現在は保育士・ライターをしながらアイルランド人の夫と息子の3人暮らしだ。

 新刊である『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)は、息子の中学校生活を通してイギリス社会に現存する差別や階級社会について描かれたノンフィクション。穏やかで友人が多く優等生と言われる息子。そんな彼が品行方正なカトリック系の小学校から、近所の元・底辺中学校に進学すると、さまざまな差別やいじめ問題に直面する。数々のトラブルや困難に遭遇しながらどのように著者と一緒に考え乗り越えていったのか。お話を聞いた。

相手の立場や気持ちを想像する能力・エンパシーとは

――「誰かの靴を履いてみること」という息子さんの言葉が印象的です。多様性と言われる社会の中で、相手の気持ちや背景を想像してみようという意味でしょうか。

ブレイディみかこさん(以下、ブレイディ):イギリスは日本に比べて“階級”が明確で、“上流階級”と言われる方々から“底辺”と言われる方々まで貧富の差が大きいです。さらに、居住している人の人種や民族や宗…

2019/10/5

全文を読む

関連記事をもっと見る

大家さんと僕 これから / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本読みたぬき

前作より老いと死に正面から向き合っていてせつない。戦争、離婚を経験し、子供のいない大家さんだけど、人生の最後に年下の彼氏と半同棲(?)して素敵な漫画になり、沢山の人に愛された大家さんは幸せだったのだろう。樹木希林主演で映画が観たかったな。大家さんと希林さんに合掌。

2019/08/05

ちいこ

最終話を描いている矢部さんをテレビカメラで追いかけていた深夜番組を偶然観ていた時から、発売されるのを待っていました。温かい気持ちがたくさん詰め込まれた素敵な本でした。

2019/07/26

ペルー

大家さんとの関係がより深まって、お話はより面白くなってた。

2019/08/16

akiᵕ̈*

改めて、矢部さんと大家さんとの、かけがえのない時間の濃密ぶりがよく分かります。ほんとにお茶目で天然で可愛らしい大家さんと、矢部さんのツッコミどころに何度癒されたことか。同じように回ってきて、けっして同じではない季節を大家さんから知るようになったと言える純粋な矢部さんだからこそ、この大家さんとの巡り合いだったんだろうな。これからも矢部さんの事、空から見守ってくれてますね。

2019/07/31

新手田 円花@芸術を超越するレアル感☆彡

そうきましたか。最後の方は切なげで矢部さんの優しさに涙が出そうです。大家さんのお友達への本送付の部分は、中々でしたが、お礼の品が届く過程が見事です。また、あとがきの大家さんのダメ出しも大家さんの暖かな愛情を感じてしまいました。楽しい作品を完成されて矢部さんと大家さんにありがとうと心から申し上げさせていただきます。大家さん、安らかにww

2019/08/04

感想・レビューをもっと見る