読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

BOOK BAR: お好みの本、あります。

BOOK BAR: お好みの本、あります。

BOOK BAR: お好みの本、あります。

作家
大倉眞一郎
出版社
新潮社
発売日
2018-02-27
ISBN
9784103516316
amazonで購入する Kindle版を購入する

「BOOK BAR: お好みの本、あります。」の関連記事

J-WAVE「BOOK BAR」が書籍化! 杏&大倉眞一郎が厳選した50冊

 女優の杏と大倉眞一郎が本を肴によもやま話を繰り広げる、毎週土曜夜10時からのラジオプログラム「BOOK BAR」。2008年に番組がスタートしてから10年間、2人が番組内で紹介し合った1000以上の作品の中から50冊を厳選してまとめた書籍『BOOK BAR お好みの本、あります。』(新潮社)が、2月27日に発売される。

 書籍の発売を記念して、番組初となる公開収録イベントが2月25日(日)に開催される。(イベントの募集は終了)番組ナビゲーターの杏と大倉眞一郎が来場者におすすめの本を紹介するほか「BOOK BAR」10年の歩みを振り返っていく。

 書籍の発売を前にナビゲーターの2人がコメントを寄せている。

 こんなに悩んだことはない!というくらい悩みに悩んで、本を50冊選びました。今までに紹介した本も全て載っています!どなたが読んでもどれかは必ず心にささるはず。本を手に取っていただくことで、新たなご縁が生まれることを楽しみにしております。(杏)

番組が始まって5年目くらいから、結構本気で「本にしてください」「出版社の方、お手をお挙げください」とこと…

2018/2/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

BOOK BAR: お好みの本、あります。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

seacalf

最近読む本の出処はもっぱら読友さんの感想から。書評やブログも参考にするけれど、たまには違う角度からと思い、BOOK BARに踏み込んでみたのだが・・・杏さんすごいな。知識量の深さに舌を巻く。それに比べて大倉さんはざっくりな印象。『この本は本当にすごく面白いんだから、もっと上手に伝えて』とたまに思ったり。とはいえ、barでの四方山話というスタイルなのでさくさくと読めるのはいい。17冊も気になる本をメモできたのでほくほく。この後、読メ先輩達の感想を参考にしながら吟味するのでいつもの本選びと変わらないのだが笑

2018/06/05

ぶんこ

杏さんのファンですが、この番組は知りませんでした。まず女優のお仕事、つま、母としての毎日の中で1、000冊の読書量に驚きました。私も本の虫ですが、仕事をしていた頃は200冊くらいだったはず。お仕事も家族の要としても手抜きをされていない感じなので、時間配分が上手なのでしょう。この本で紹介されているのも杏さんのは私の好みで、読んだ本も多く、読んでいない本も図書館予約待ちに入れました。大倉さんの紹介本は重厚な作品が多かったです。

2018/10/01

とよぽん

杏さんを、ますます素敵な女性だと思った本。10年間も続けてきたラジオ番組だとは! そして、親子ほど年齢差のある大倉さんと、気負わず自然に四方山話ができる。その内容が、また面白く楽しい。巻末のリストにも圧倒された。読んでみたい本がたくさんあって、困る。

2018/05/24

みっこ

杏ちゃんのおっかけ読書。書評は得意ではないのだけど、冒頭に『本から始まる四方山話』とある通り、気軽に楽しく読めました。お二人の幅広い知識と好奇心にたくさん刺激を受けた、充実した読書時間となりました。最近なかなか読めないのもあり、軽く読める小説や育児書に偏っていたので…もっといろんなジャンルを貪欲に読もう!と、読書欲が掻き立てられます。30歳近い年の差を感じさせないお二人。大倉さんが恋愛小説を持ってきたり、杏ちゃんが社会派ノンフィクションを持ってきたり、対等に話をしている感じが素敵。ラジオもチェックしよう。

2018/08/18

どぶねずみ

私が毎週拝聴しているラジオ番組『Book Bar』も10年。私が聴き始めてからまだ5年も経たないが、毎週読みたい本が増えて困っているくらいなのに、拝聴は止められない。この本では、私が拝聴していない部分で、時代小説に不慣れな私でも読みやすそうな本が盛り沢山。また困った(笑) ピュアな恋愛ものの時代小説が読みたい。

2019/02/11

感想・レビューをもっと見る