読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたし、定時で帰ります。: ライジング

わたし、定時で帰ります。: ライジング

わたし、定時で帰ります。: ライジング

作家
朱野帰子
出版社
新潮社
発売日
2021-04-21
ISBN
9784103516439
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

わたし、定時で帰ります。: ライジング / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

シリーズの三作目だが、前からの流れもあり、最初から読まないと分かり辛いところがあるので、第一作から読む事をお勧めします。前作で管理職になった東山結衣は、相変わらず定時での退社を貫いている。そんな中で手当欲しさから、残業したがる若手社員が存在する事に気づく。結衣は、給料アップを目指し、人事評価制度の改革を提案することになる。恋人だった晃太郎との関係もようやく婚約まで発展した。第一作からポリシーを貫いているのは良いが、辛口な部分は、本作ではお金に関する描写が多すぎ、もう少し人間ドラマを読みたかったのも事実。

2021/05/05

ゆみねこ

シリーズ第3弾。残業しないで定時に帰宅する結衣と生活のために残業したがる若手社員。会社創業時の古参社員と過去の経緯あれこれ。給料アップを勝ち取り働き方改革を成し遂げる。結衣の頑張りは読んでいるこちらも応援したくなる。でも晃太郎、夫としてはどうだろう?

2021/07/06

いたろう

シリーズ3作め。てっきり、話は前作で終わったと思っていたので、予想外の続編。よりを戻し、結婚することになった結衣と晃太郎だったが、晃太郎は、仙台支店で起こった問題を解決するため、仙台に出張したまま帰れなくなる。これは、晃太郎の仕事が忙しすぎて、婚約解消した前回の二の舞になるのか。更に、結衣の部下たちが、わざと仕事をゆっくりやって、残業代を稼ごうとしていることが判明。結衣の部下だけでなく、全社にある、この根強い「生活残業」の問題に、結衣はどう立ち向かうのか。そして、このラストは? 結衣の次のステージに続く?

2021/07/11

kei302

シリーズ1作目から「結衣、晃太朗はやめておきなさい」派です。 前作が元サヤで終わったので、もう続きは読まないと決めていました。 読んでしまいました。むちゃくちゃ面白かった。一気読み。働く人の賃金問題がメインで、とても読み応えがあった。 「生活残業」の言葉がグサグサと刺さります。そうするしかない人もいるし、それでは会社の経営が危うくなるのも分かるし、難しい問題だなぁ。

2021/06/23

itico

アナログ人間なので、結衣の会社の業務内容についてはかなり?な感じ。それでも大手のIT企業でも昔と変わらない体質であることに驚きがあった。公私ともにうまく行かない結衣を見るのは辛い。正直、中盤までは我慢の読書だったが、終盤の畳みかけるような展開は気持ち良かった。まだまだ結衣の進む道は険しそうだ。でも頑張っちゃうんだろうな。そんな結の姿を続編で読んでみたい。

2021/06/13

感想・レビューをもっと見る