読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

珈琲屋

珈琲屋

珈琲屋

作家
大坊勝次
森光宗男
出版社
新潮社
発売日
2018-05-31
ISBN
9784103518914
amazonで購入する Kindle版を購入する

珈琲屋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おいしゃん

2019年1冊目。記録をつけ始めた2013年からは1635冊目。2人の伝説の珈琲店主が珈琲を語る、まさに保存版。とにかく2人が珈琲について、深く深く考えてここまでやってきたのが伝わってくるだけに、2人の珈琲をもう飲むことができないのが残念。

2019/01/01

だいすけ

酔っ払ってしまって読み終わるのに時間がかかってしまった。コーヒーは酔わないワイン。納得の一冊。ブログに感想を書きました。

2018/11/07

ちどり

ともにネルドリップにこだわり続けたお二人の対談。森光さんのコーヒーを音楽に例えるお話や産地を訪問するお話に心踊りました。巻末の大坊さんとお客さんとのエピソードも忘れられません。コーヒー好きにとって、至福の一冊。さあ、美味しい一杯を淹れましょう。

2020/09/24

Yuko

<東京・表参道「大坊珈琲店」と福岡・赤坂「珈琲美美」。「焙煎とネルドリップの名人」ふたりによる、珈琲をめぐる対談を再現。豆の種類から道具、音楽、来し方行く末まで語り尽くす。> 2018年 コロナ禍前に大坊さんのイベントに参加して珈琲☕をいただいたのが随分昔に思える。それから自家焙煎にも挑戦しているがネルには手を出せず。職人であり、探究者であり、哲学者であり、芸術家であるお二人の対談を読むにつけ、ひとつのことを極めることの長い道のりと不断の努力や挑戦に頭がさがる思いだった。

2020/06/20

バーベナ

一つのことをブレずに極める。淡々と。恰好良い。憧れていた大坊珈琲で一度だけ珈琲を飲みました。チャンスがあるうちに、体験しておかねばという事は沢山ある気がします。

2019/04/22

感想・レビューをもっと見る