読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蟻の棲み家

蟻の棲み家

蟻の棲み家

作家
望月諒子
出版社
新潮社
発売日
2018-12-21
ISBN
9784103521914
amazonで購入する

蟻の棲み家 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

なんとも苦しい読書だった。これは多分この国で起こってる事の一つだろう。どんなに綺麗ごとを並べても『見て見ぬふりする社会』の一員は私でもある。翼と末男が逮捕されてから真実はどこ?に至るまでじりじりして、とにかく哀しかった。『運』なんて言葉で語りたくはない。狭い路地を走って屋根と屋根の間に見える青空は誰の目にも同じ空なのに・・末男よ、今、見える空は青いか?広いか?殺していい人間などいないけれど、殺されても悲しまれない人間もいるのだなぁ。なんとも遣る瀬無いがお薦めです。

2019/01/24

のぶ

とても重厚なクライムノベルを堪能した。二人の女が中野区内の別の場所で、銃で撃たれ死亡しているのが発見された。二人とも売春で生計を立て、育児を放棄したシングルマザーだった。一方で蒲田の工場で起きた地味なクレーム事件が起き、それを追う記者がいた。物語が進むにつれ、これらの事件や関係する登場人物の関連が明らかになってくるのだが、社会の底辺で生きている人たちの描写が、読んでいて重くのしかかってくる。望月さんの本は初めて読んだが、骨太なプロットと人物造詣が読み手の心を掴んで離さない秀逸な作品だった。

2019/02/10

モルク

身代金目的の偽装誘拐、食品工場を恐喝する電話、そして売春婦二人が至近距離から射殺される。事件の繋がりは…。逮捕された男たちの言い分の違い、どちらが主犯で、どちらが本当のことを言っているのか。片や開業医の息子、そしてもう片方はネグレクトを受けながらも妹を育て、膨らんだ母親の多額の借金を背負ってきた男、末男。重く、苦しい!子供は親を選べない、だからといって…これは酷い。もがけばもがくほどぬかるみから抜け出せない。この社会の闇は何なんだ。

2021/02/05

fwhd8325

重苦しい作品でした。世界がどんどん狭まっているように感じる。一方で、個人を晒されてしまう時代。まさしく、今を描いている物語でした。小説の世界でもこうした内容が増えてきたように感じますが、私自身が、小説として割り切っているだけでなく、何だか麻痺しているようにも感じる怖さを感じます。

2019/06/30

ゆみねこ

望月諒子さん、初読み。最悪の環境に生まれ落ちた・吉沢末男。医師である親のもとで何不自由なく育った・長谷川翼。家庭環境が悪いことで犯罪者になるものも、良い環境で育っても悪人になる場合もある。本当の悪は誰なのか?読み応えある一冊です。

2019/01/09

感想・レビューをもっと見る