読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

残りものには、過去がある

残りものには、過去がある

残りものには、過去がある

作家
中江有里
出版社
新潮社
発売日
2019-01-22
ISBN
9784103522119
amazonで購入する Kindle版を購入する

残りものには、過去がある / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。結婚式を舞台にその新郎新婦に纏わる人達を巻き込んだ連作短編集。そのなかにレンタル友人や祝儀泥棒など最初は嵌まりましたがちょっと後半は雰囲気変わったかな?

2019/07/28

うどん

中江有里さん、初読みでした。正直、読む前はあまり期待していなかったのですが(すみません)とてもステキな連作短編でした!読んで良かったです。

2019/04/05

ごみごみ

とある結婚披露宴を舞台に、新郎新婦、親戚、友人、元カノ… 様々な人たちの視点で描かれる過去と現在。それぞれ共感できる部分も多かった。ミステリアスな感じもあり、どう着地するのか最後までわからず面白かった。ラスト一行がよかった。幸せな読後感!

2019/05/06

野のこ

中江さんは2冊目です。1組の結構披露宴に居合わせた人たちの連作短編集。良かったです。プロフィールしか知らなかった新郎新婦から徐々に内面に入っていく。ふたりの結婚は 愛ではない?ううん、ちゃんと愛のかたちがあった。過去の物語「祈り」はとても切なかったです。花火の光が消える残像のように はかない。誰でも残してきた暗い過去があるもの、それを乗り越えた先には幸せが待ってるはず。ラストも素敵でした。

2019/03/28

tenori

「結婚」がテーマ。中盤までは重苦しさと、嫌悪感すら覚える展開。それでも読み進められたのは、連作短編ながら核となる登場人物がいて、その人物の過去から現在に至る経過を、取り巻く人達にスポットをあてつつ主人公の生きざまを描いていくという手法。描かれている結婚観とか、子どもに対する想いは賛否あるでしょう。家族という実は一番面倒くさい関係を表現することは難しいと思いますが、そこに多角的にチャレンジしている中江さんの意欲を評価したいです。

2020/01/02

感想・レビューをもっと見る