読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どうやら僕の日常生活はまちがっている

どうやら僕の日常生活はまちがっている

どうやら僕の日常生活はまちがっている

作家
岩井勇気
出版社
新潮社
発売日
2021-09-28
ISBN
9784103528821
amazonで購入する Kindle版を購入する

どうやら僕の日常生活はまちがっている / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊、待望の第2弾!売れに売れた1冊目の次なんてプレッシャーがかかるだろうに、変に力んだり尖ったりせず1冊目の雰囲気そのままに、寧ろより面白くなっていてずーっと頬緩みっ放しでした!岩井さんの凄いところは、面白いことを書こうと思っていなさそうなのにそれが絶妙に全部面白いところ。披露宴、10代の頃想像した1人暮らし、元不良の話が特に面白く好きで、コラボキャンペーン&トイレ詰まりは確かに理不尽だと思った。笑 珪藻土マットの攻防もめっちゃ笑ったw凄いお母さんだなー!この距離感が35年間は大変。笑 でも仲良しそう!

2021/09/28

ミライ

ハライチの岩井勇気さんのエッセイ第二弾。いきなり愚痴から始まる岩井さんらしいスタートで、喉に魚の骨が刺さった話、誕生日プレゼントにVRをもらった話、フィッシングサイトに引っかかった話などなど日常のことが岩井さん風味(ちょっと他の人と違う視点多)で面白く語られる。ほんのささいな出来事ばかりだが、ここまで話を広げて面白くできるのは、さすが一線で活躍するお笑い芸人。ラストに私小説ぽいものも収録されており、これも面白かった。

2021/10/18

なっち

前作が気に入り過ぎて第二弾の今作は予約までして当日購入!今回も期待を裏切らない面白さでひとりニヤニヤ。ときに吹き出しながら読んだ。『はっさく吐き出し』は私もキライ(笑)天使の扱いが雑になってきている件、今後注意深くみていこう。寅さんの映画を観に行った話も面白かった~ 文庫になるまでと思っていたけど第一弾も購入しようかな。

2021/10/01

ティーチピー

やはりというか、一作目ほどのインパクトがなくて残念。でも山出谷の恋愛の話はオチも含めて好きかな笑

2021/10/10

tori

この人は、日常の差異に気付いて、それを的確に言語化するのが神がかり的に上手。「言われてみれば、わかる」ということから、「誰も言わないけど、そうなの、わかる!」ということまで並べられていて、気持ちが良いです。 ブラックジョークに、人を傷つけ得る毒が紛れていることがあるので、触れ過ぎ注意。そこを取り除いて表現していただけると余計に好きです。

2021/09/29

感想・レビューをもっと見る