読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

古くてあたらしい仕事

古くてあたらしい仕事

古くてあたらしい仕事

作家
島田潤一郎
出版社
新潮社
発売日
2019-11-27
ISBN
9784103529613
amazonで購入する Kindle版を購入する

古くてあたらしい仕事 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アウン・サン・スー・チー・そっ・くり・おじ・さん・寺

夏葉社の島田潤一郎さんによる仕事の本。子供が読んでもわかるような平易な文章で書かれたものだが、よくあるビジネス書や自己啓発本のようなものではない。これもまた1冊の文学であると思う。何か賞をもらって良いと思う。じんわり感動する。庄野潤三の遺族の素晴らしさ、和田誠の優しさ。「読書とは死んだ人と友達になる事」とは山本夏彦の名言だが、旧作の復刻が多い島田さんの夏葉社は鎮魂の側面があり、そもそもが死んだイトコとその遺族である叔父叔母の為に創業したもので、具体的な誰かの為に本を作り始めたのである。素晴らしい1冊。

2019/12/21

けんとまん1007

タイトルの意味を考えた。古くからあり、この後も続くだろうと思うのが出版社と書店。いろいろ考えがあるだろうが、そう思っている。もちろん変化に対応する・しないことがある。そんな出版社を立ち上げたものがたり。そこに籠められた思いや、人との接点の中で変わるものがある。以前読んでいた「移動図書館ひまわり号」の出版社だったとは。今回、再認識した。あの、独特の風合い。なるほどなあ~。

2020/11/10

吾亦紅

11月のブックフェアで著者ご本人に思い切って話しかけた。今度出る本(本書のことです)楽しみにしています、という言葉に、とても誠実に応えてくださった。その姿、声、言葉と本書はなんの矛盾もなく、ひとつひとつの言葉がとても心に響き、沁みた。自身もひとりで小さく仕事をしていて、思い悩むことも自信をなくすことも迷うこともあるけれど、そういうときにきっとこの本を読み返すと思うし、傲慢になりそうな時にも読み返すと思う。

2019/12/26

よっち

吉祥寺でひとり出版社「夏葉社」をはじめて10年。作家志望だった著者が、従兄を事故死を機に転職活動をはじめるも50社連続不採用、33歳で夏葉社を起業し、手探りの本づくりの日々を綴ったノンフィクション。編集も未経験で営業も苦手という島田さんによる、大量消費以前のやり方をよみがえらせるこだわりの本づくりがなかなか印象的でしたが、ちいさくひとりで始めるとはいっても、ひとりで何でもやる出版活動を続けるのは誰にでも真似できることではないですね。大変なこともいろいろあろうかとは思いますが、これからも頑張って欲しいです。

2020/01/06

kawa

ひとり制家内工業のごとく、滋味あふれる旧作を中心に、何度も読み返される定番といわれる本の出版を試みる島田潤一郎氏の体験的エッセイ集。本は「美しい物」、本は「時限爆弾」、本つくりは「作家や詩人の魂を扱う仕事」等々、本を愛する氏の数々の言にやられる。自分と本との関係、接し方を再考しなければいけないかも。経済的には楽ではないと思うが、氏の本に対する思いで出版社が10年以上続いたことに「アッパレ」を。本造りの中で築いた人的ネットワークも氏の素晴らしい財産。

2020/02/09

感想・レビューをもっと見る