読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涙をなくした君に

涙をなくした君に

涙をなくした君に

作家
藤野恵美
出版社
新潮社
発売日
2019-12-18
ISBN
9784103530510
amazonで購入する Kindle版を購入する

涙をなくした君に / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よつば

終始、どんよりとした空気が漂う作品。主人公は両親の愛情を享受出来なかった記憶に縛られ自らカウンセラーとして働く宮沢橙子。テニスインストラクターの夫・律と結婚し、小学一年生の一人息子・蓮と3人で暮らしている。穏やかな生活を送りながらも過去の記憶に囚われ足掻く橙子。外面だけ良く、家庭内で妻や娘にDVを繰り返す橙子の父親には軽蔑と嫌悪しかない。母親や妹に身勝手さを感じるも実際経験した人でしか解らない感情があるだろうし父親を見限る態度を否定出来ない。血が繋がっているからこそ許せない親子関係もある。血縁の闇は深い。

2020/01/26

ウッディ

優しい夫と可愛い子供がいて、カウンセラーとして充実した仕事をする橙子は、自分の思い通りに家族を支配しようとした父に対するわだかまりが消えない。過去の仕打ちに反発し、父と会おうともしない母や妹に対し、父を恨みながらも孝行娘を演じようとする自分に嫌悪する橙子。クライアントの心の問題を冷静を解きほぐすプロでも、自分の心はどうしようもできないのかと思った。宿題をしなかったことに激怒した父に、飼っていたハムスターを床に投げつけて殺されたという経験はなかなか衝撃的なエピソードで、ドヨーンとした読後感でした。

2020/05/27

itico

父親の支配下で育ち、やがて家庭崩壊に至った経験を持つ橙子は、夫や息子に怒りをぶつけそうになり、そのたび父親に自分を重ねてしまう。父親を嫌いながらも見捨てることができない自分にも苛立つ。橙子が臨床心理士と言う職業を選んだのは、いびつな自分の心を理性で受け止めるためなのだろうか。何とも息苦しい。そして母親や妹の身勝手さに腹が立った。最後に明るい兆しが見え、初めて安堵のため息が出た。

2020/01/05

misa*

両親の愛を享受できなかった記憶に抗い続けるカウンセラーの橙子。テニスインストラクターの夫と小学一年生の息子と、一見平穏な生活を送っているが、両親から愛された記憶のない橙子に家族を作ることなどできないのか。幼少期に蓄積された負の記憶は、連鎖してしまうのか。決して大きな事柄が起こるわけでもない物語なのに、どこかリアルに感じられて、苛立ちも寂しさも一緒に味わってしまう。ただ平和に幸せを感じながら日々を過ごせるということが、どれほどまでに心を豊かにしてくれるのかが、とても感じられた。

2020/03/03

ひめか*

藤野さんにしては珍しく重い話。父とのいい思い出がなく、確執を持つ橙子。両親は離婚し母は再婚し、家族は全員父を嫌っている。父が病気になっても呑気でいられる妹、長女の私としてはむかついた。母も妹も知らんぷり、自分がやるしかない状況は辛い。最後父と仲直りしたり愛に気づいたりするのかと思ったが、現実は甘くない。親への恨みはすごく強くて大嫌いなのに、血が繋がっているという事実を変えることはできない。悔しい。優しくて穏やかな旦那さんと出会えたことが救いだと思う。心の傷が仕事のカウンセラーにも活きているのかもしれない。

2020/06/17

感想・レビューをもっと見る