読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

動物と機械から離れて: AIが変える世界と人間の未来

動物と機械から離れて: AIが変える世界と人間の未来

動物と機械から離れて: AIが変える世界と人間の未来

作家
菅付雅信
出版社
新潮社
発売日
2019-12-24
ISBN
9784103530718
amazonで購入する Kindle版を購入する

動物と機械から離れて: AIが変える世界と人間の未来 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

p31xxx

日米中露AI産業の先端的人物たちへのインタビューから、国によって異なる規制方針に触れる章段がよかった。AIは創造的な仕事を奪わない、AIと人間と分業できるなどの主張が、AIが既存の仕事に代替することと矛盾しないのが、注意したい。今後のプログラミング教育は世界的なIT企業・研究機関・教育機関の規模やコストにどれほど触れるか気になった。教育のインフラの差、教師の熱量の差がその後の子どもたちのポテンシャルに影響しまいかと思った。

2020/03/15

harhy

AIについて、いろいろな視点から考えさせてくれる本。技術が進んでいけばいくほど、人間って何なのか、が議論されるんだろうな。デジタルに振り回されている感がするこの頃、そうした議論から、何かしらいいものが出てくるといいなと思う。

2020/09/06

カタヤマタケシ

web広告やAmazonのレコメンドなど、今でさえ自由意思で行動できているか疑問のある中で、この先AIの進化が幸せをもたらすかをテーマにした本です。汎用的AIのシンギュラリティを軸に幅広い関係者への取材や引用を基に構成されています。中国の深圳やロシアのスコルコヴォといった未来都市の話しを聞くと日本との差に焦りを感じてしまいます。 ただ、本書にもありますが、便利=幸せとなるのかは、人の意識によるもので、答えは簡単ではなさそうです。多くの話題を取り扱っており、読みながら自分なりの未来予測を考えるのも楽しいです

2020/07/31

コービー

キーワード:「意識を持ったAIはできるか?」「そもそも「意識」とはものすごく定義が難しいもの。オックスフォード英語辞典では、意識とは「意識がある状態」だと定義されている。まさに堂々巡り」「AIに感情はない」「感情解析とは人の声や文章からその人の感情を読み取り、その後の行動を予測する技術のこと」「AIの発達により「人間とは何か?」「私とは何か?」ということを改めて考えることになる」「AIの発達により偶然の出来事が起こりにくくなる」「将来人々は「次世代の子どもに期待すること」に幸福を見いだすかもしれない」

2020/09/17

takao

ふむ

2020/12/07

感想・レビューをもっと見る