読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オルタネート

オルタネート

オルタネート

作家
加藤シゲアキ
出版社
新潮社
発売日
2020-11-19
ISBN
9784103537311
amazonで購入する Kindle版を購入する

オルタネート / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

以前から気になっていた加藤 シゲアキ、初読です。直木賞の候補作発表前、発売直後に図書館に予約したので、早めに読めました。第164回直木賞候補作1/6です。本書は、料理×高校生限定のSNS(オルタネート)×音楽の青春譚の佳作でした。アイドル作家にしては文章が巧みですが、直木賞受賞までの勢いを感じませんでした。出版社も新潮社なので、受賞はないと思います。 https://www.shinchosha.co.jp/alternate/

2020/12/21

bunmei

直木賞候補作品ということで、加藤君の作品を初読み。新時代に生きる高校生の恋愛や友情、夢に向けての世界観をリアルに写しとった青春群像劇。そのベースが高校生のみが利用できるマッチングアプリ『オルタネート』。そんなアプリを媒体とした構成は、令和ならではの視点とも言える。但し還暦迎えた自分にしたら、最初から「フロウ・オルタネート・コネクト」と横文字が飛びかい、人物名も突飛で、アプリ頼みの短絡的な恋愛観も、なかなか寄り添えなかったかな。それでも、最後は、それまでの伏線を上手に回収していた。

2020/12/28

うっちー

三者が一つに集約、特に後半はどうなるのかとサスペンス要素も。直木賞獲得なるか。他の作品を読んでいないのでわかりかねます

2020/12/22

tetsubun1000mg

前半は調理部、園芸部、オルタネート一途女子、ドラム命の関西人と今風の高校生が描かれて散漫な印象。中盤から「ワンポーション」がメインになって一気に盛り上がり、バラバラだったストーリーが学園祭に向かって一気にまとまってくる。登場人物の設定、キャラクター、舞台設定、「オルタネート」の活かし方などどれをとってもオリジナルで加藤シゲアキ氏の若さが表れていると思う。 物語の構成があらかじめ深く考えて作ってあるようで、話題性ではなくまさに直木賞候補の実力を見た気がする。直木賞選考委員3名が最後まで推した作品と選評あり。

2021/03/12

のぶ

良くできた青春小説だったが、ジェネレーションギャップを感じた青春群像劇だった。オルタネートとは高校生限定のSNSアプリ。物語は新見蓉(いるる)、伴凪津(なづ)、楤丘(たらおか)尚志の3人を中心に展開する。前年に負けた料理コンテストに挑む姿をクライマックスに進むが、前半部はやや退屈に感じた。オルタネートの存在に馴染めなかったのが原因だと思う。後半は登場人物にも感情移入する事ができ、楽しむ事ができた。著者の加藤シゲアキさんについては全く知らなかったが、タレント活動を続けながらの本作には大きな才能を感じた。

2021/02/03

感想・レビューをもっと見る