読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パンデミック日記

パンデミック日記

パンデミック日記

作家
「新潮」編集部
出版社
新潮社
発売日
2021-06-24
ISBN
9784103540519
amazonで購入する Kindle版を購入する

パンデミック日記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takeapple

2020年1月1日から12月31日までの筒井康隆から始まり蓮實重彦で終わる『新潮』に掲載されたリレー日記である。コロナが始まった頃、7月末に全国で1000人を超える感染者が出たり東京で300人超えの感染者で驚いていたのが僅か1年前とは。結局政府は有効な対策を打てずに無謀にも五輪をやり続けているわけだ。執筆者には石原慎太郎から平野啓一郎までいて、その石原慎太郎でさえ政府を批判しているんだからなあ。日記文学は貴重な記録であり、面白いなあ。

2021/07/31

せーちゃん

365日を作家でつないでいく日記。なので、企画はもともとありたまたまこのコロナ渦での一年になっただけの模様。そうだった、年の初めは『以前』のごく普通の日々だったんだな、と感じる。少しづつ色々窮屈になっていつつも、日々の暮らしがしたためられた作品。途中途中の写真がいいな、と思う。

2021/07/10

感想・レビューをもっと見る