読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

道化むさぼる揚羽の夢の

道化むさぼる揚羽の夢の

道化むさぼる揚羽の夢の

作家
金子薫
出版社
新潮社
発売日
2021-07-29
ISBN
9784103541714
amazonで購入する Kindle版を購入する

道化むさぼる揚羽の夢の / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

蛹の中で汚物まみれで吊り下げられている。蝶になるまで何か月も。拘束を解かれた機械工は地下世界で人工の蝶を作り始める。理由もなく監督官に鉄の棒で殴られながら。主人公は理不尽な人工世界に、自然に道化師アルレッキーノになって生きる術を体得する。仲間を増やし、天空座を立ち上げる。そこで天野は選ばれて地下の街に住人として認められる。しかしそこで現実か夢か、嘘か真実かわからないまま、揚羽蝶になり天高く飛んでいくことを夢想している。地下世界を舞台にした胡蝶の夢を連想させるSF小説でした。独特な世界の金子薫初体験でした。

2021/10/04

Koichiro Minematsu

生きている無意味なのか、死んでいる無意味なのか。全てが無意味なディストピア小説。どこに、何に命を見出せばいいのか。

2022/01/22

メタボン

☆☆☆ 虚構だとわかっているがゆえに、この破天荒な物語に意味を求めてはいけないのかもしれない。蛹から蝶になり(しかも衣装によって蝶を表すというハリボテのもの)、監督官に殴られながら金属の蝶を作る。当然その蝶は生きるも死ぬもないのに、生きているか死んでいるかその数を数える。全てが天野の頭の中の出来事か?「壺中に天あり獣あり」と「鳥打ちも夜更けには」にも重なる世界観だった。

2021/12/08

マリリン

蛹(拘束具)の中は母親の胎内なのか。そう捉えると、空理空論であっても背後の思想が見えてくる事で、俄然作品が面白くなる。作品の中に天・人・地をさりげなく据えているような。監察官に打たれつつ道化として生きる道を見出した先に、揚羽が舞う世界の構築を夢見たのか。疲労し苦悩し、再び蛹の中に戻るのは、前作「鳥打ちも夜更けには」(3回読んだ)により絶たれた天野の生命が甦る物語と思ったが、再び蛹の中に帰す。次作が楽しみだ。尾を切られた蜥蜴のように再生するのか。卦に例えれば山水蒙か水山塞か

2021/10/06

麻衣

登録千冊目。いきなり映画SAWが始まったのかと思った。捕らえられた地下の倉庫で蛹の拘束具から羽化する男たち。男は蝶になる。あなたは脱皮した蝶だ。蝶は殴られる物。狂え、冷静になるな。楽園作りを始めよう。名前は『鳥打ち』状況は『驢馬』世界観は『壺中』、著者のこれまでの集大成ともいえる虚構の世界作りの中、ヒビ割れた顔で笑う道化は観客の拍手も歓声もない一人分のスポットライトの下直視できないタップダンスを踏み続ける。底抜けの舞台、最後には虚無。それでもコンクリートが極彩に変わる、なんておぞましい起死回生への夢々。

2021/09/12

感想・レビューをもっと見る