読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鏡影劇場

鏡影劇場

鏡影劇場

作家
逢坂剛
出版社
新潮社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784103649076
amazonで購入する Kindle版を購入する

鏡影劇場 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

逢坂 剛は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。700 頁弱+二段組+袋綴じと渾身の超大作、ギター+ヨーロッパ(ドイツ&スペイン)+古文書と著者の真骨頂のマトリョーシカ歴史ミステリ、遊び心も満載でした。私は第二外国語でドイツ語を履修していましたが、ETAホフマンは全く知りませんでした(笑)夏目漱石や江戸川乱歩らに影響を与えたホフマンの作品を機会を見つけて読んでみたいと思います。 https://www.shinchosha.co.jp/book/364907/

2020/10/15

KAZOO

読み始めて逢坂さんの久しぶりのスペイン物が出たかと期待したのですが、まるっきり異なりました。スペインで購入した古文書にETAホフマンの名前が出てきてドイツ語の文献であるということからその内容をめぐっての物語です。入れ子構造のような感じで面白い試みで、しかも現代日本の物語とその古文書を訳した報告が交互に出てきて私は楽しめました。また登場人物が様々なつながりがあるということが最後の方でも明らかになります。

2021/02/09

タックン

700Pにも及ぶ大作だったので年末年始に読めてよかった。ホフマンの報告書のくだりは、ホフマンのことを全然知らないし難解なので読み飛ばす感じで読んだ。 それに対しそれに関わる現代の人々の話しは興味深く読んだ。みんな個性があって魅力的なキャラばかりで面白かった。でも読み進めるうちにあまりにもみんなが関係があり過ぎて、やりすぎだろこれ・・・?って思ってたら、 袋とじを読んで驚いた。書き出しの伏線がしっかり回収されていた。二重三重の物語になっていた。 ほんと久しぶりにじっくり読んだって感じがした。 お勧めです。

2021/01/04

kei302

【これから目眩のするような展開が待ち受けています。迷宮に踏み入る心の準備が整ったら、どうぞ封を切って、先のページにお進みください】 620ページ以降袋綴じ。700ページ近い大作。それも、上下二段組。既に目眩、眼の奥も痛い。 オッフェンバックのオペラ『ホフマン物語』を観たときの以来の衝撃が走る。構成が凝っている。逢坂剛も登場。ホフマン愛がガンガン伝わってきます。 なるほど、鏡の影、鏡影劇場、タイトルに納得。

2021/06/01

文豪であり、音楽、法曹、演劇と多才なホフマンの半生を基としたミステリー。正直、ホフマンの事は今作で初めて知ったけど、それでも充分楽しめた。論文が書けそうなくらいの調べに圧倒される。4日かけて読了でした

2020/10/03

感想・レビューをもっと見る