読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

この世の春 上

この世の春 上

この世の春 上

作家
宮部みゆき
出版社
新潮社
発売日
2017-08-31
ISBN
9784103750130
amazonで購入する

この世の春 上 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

宮部みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の作家30周年記念作品、まずは上巻から。テンポ良く400P弱快調に飛ばしました。続いて下巻へ。トータルの感想は下巻読了後に。本作で今月も30冊、1万頁達成しました!

2017/09/26

おか

あ〜〜〜〜〜読むのを止められない!!!多紀様 貴女の澄んだ魂で どうか重興様助けてあげて〜〜〜!!!不吉な予感が、、、!!! どうか どうか 全ての人が幸せになります様にと祈りつつ 下巻に行きます。

2017/09/24

星落秋風五丈原

英明と噂の藩主が座敷牢に幽閉され佞臣とされた側近が斬首される。しかし斬首と見せかけて生きていた彼から自分についての思いがけない因縁を聞くヒロイン。リーダビリティのある作者だ。まあできすぎたものほど闇が深いよね。一気に読んでしまった。

2017/11/07

いつでも母さん

まだ、何が『この世の春』なのか分からない。が、面白い!このまま下巻に突入したいが・・感想は下巻にて!

2017/09/21

みよちゃん

人物相関図を見ながら、座敷牢にいる人物の異様な謎がどんなものか、先がどんな風になるか気になりながら読んだ。この時代小説の構想は何処から得たのだろうと思う。次回も楽しみ。

2017/12/09

感想・レビューをもっと見る