読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勝っても負けても 41歳からの哲学

勝っても負けても 41歳からの哲学

勝っても負けても 41歳からの哲学

作家
池田晶子
出版社
新潮社
発売日
2005-08-25
ISBN
9784104001071
amazonで購入する

勝っても負けても 41歳からの哲学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

団塊シニア

一貫して考えること、言葉の重要性を唱えている作者の言葉は奥が深い内容である。

2015/05/18

みねたか@

週刊新潮連載コラム。あきれるほど理屈っぽい。なぜ,どうしてと問を突き詰めてくる。怖い人だ。でも「人々が熱くなっているときに、水をかける人が1人ぐらいいたほうがいい」なんて舌を出したり,「愛犬が箱根で狛犬をしておりますもので」と宇宙の神秘に思いをはせたりするチャーミングさも併せ持っている。何よりも感心するのは,文章をものすことを生業としているというプロ意識の高さだ。短いコラムの最後には磨き抜かれたフレーズが準備されている。こちらはそこで瞠目し揺さぶられ,そして内省の旅に出る。

2019/04/09

抹茶モナカ

『41歳からの哲学』の続編。週刊誌に連載された哲学コラム。時事ネタを絡めて、池田さんの独自の思索が展開される。言葉や物語についての思索が、ハッとさせる。平易な言葉で、身近なところから疑う。44歳の頃の仕事との事で、自分も池田さんがこのコラムを書いた年齢に差し掛かり、やはり、哲学を職業にする方と自分の違いを感じた。簡単なところから離陸する、その高度が僕みたいのとは全然違う。

2018/02/05

nakamura masaru

流し読みだったが、とても示唆に富んでいる。 パンタレイ、万物流転、金は天下の回りもの。。

2018/09/15

ともたか

考え方の異なる人の考えを読み聞きできるので ちょっと読んでみました。やっぱりいろいろな面で 考え方が違いました。参考になりました。

2017/07/10

感想・レビューをもっと見る