読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

博士の愛した数式

博士の愛した数式

博士の愛した数式

作家
小川洋子
出版社
新潮社
発売日
2003-08-28
ISBN
9784104013036
amazonで購入する

博士の愛した数式 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)

桜の花が舞い散る光景眺めるようで。素材が苦手な数学でも、読めば心は感じることができるのだなあ。初の小川洋子さんは桜色の温かさと舞い散る儚さ愛おしさ。花びらが時に風に煽られ一斉に舞うように、時に風も無いのに舞い落ちるように。音もなく、静かに静かに心の柔らかな場所へ降り積もるようで。数学に美しさ感じたことの無い私でも大切なもの、感じて、受け取れた気がします。涙腺の熱さすらいとおしく。新たな作家さんに巡り逢うきっかけは、毎回読み友さんレビュー。しみじみ感謝です。

2011/06/14

らる子

読友の明里さんにオススメしていただき読みました。図書室本。 思っていた以上に読みやすく、入り込んですぐに読めました。優しくてどこか淋しくて、暖かい気持ちになれる小説。 一時間二十分しか記憶できない博士、家政婦とその息子は数字の美しさを通して心を繋ぎ絆を深める。記憶に残らないという悲しい事実を受け止めながら毎日を送る姿に時々涙が出そうになりました。 私は数学が好きではないし苦手だけれど、この本を読んで見方を変えてみようと思いえるようになれました。博士のようにあるものを心から愛せる人ってとても素敵ですね。

2014/06/10

パフちゃん@かのん変更

感動して泣けた。博士の真摯な人柄、子どもを大切に扱う暖かさ。80分で記憶がなくなることや日常生活には不器用なのに、数学を愛する崇高な気持ち、人を大切にする謙譲さ。素晴らしい人格者だ。交通事故に合わなければ偉大な数学者として活躍したことだろう。そして数学者としての能力は残されていたのが救いだ。ルートと博士の交流はお互いにとって素晴らしいものだった。ルートにとって博士は父親以上のものだったに違いない。中学校の数学の先生になったルート。博士も喜んでくれた。

2013/05/08

初美マリン

これはファンタジー、あり得ない人物博士もルートも含め素敵な所が浮きでている人逹の交流のファンタジー、もちろん数字というものの面白さも教えてくれた

2019/04/19

あつひめ

映画を先に観ていたので物語の良さは知っていたつもりですが、より一層数字は感情に左右されず一定であり美しい形があることがわかりました。映画を観ている時この場面の数式はどうやって言葉で表現するのだろう?と思っていたけど、とても滑らかに空気を乱さずに進んでいく。優しくて穏やかで暖かくて余計な言葉が無いことがとてもこの物語を美しくしていると思った。身の上話は最小限で・・・。原作を読んだからもう一度映画を観たくなった。小川さんの作品は何冊読んでも新鮮な気持ちになってしまうのはなんでだろう。

2012/04/03

感想・レビューをもっと見る