読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

社長という人生

社長という人生

社長という人生

作家
杉山隆男
出版社
新潮社
発売日
2003-06
ISBN
9784104062041
amazonで購入する

社長という人生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まひはる

一言で社長といっても、当然ながら明確な共通点がある訳ではなく、六人が六人それぞれの道を歩まれている。

2013/10/11

penkick

渡邊美樹は天才だ。株主総会で「地球で一番ありがとうを集めるグループになる」という道徳の教科書のような言葉を並べるが根底は屈辱の少年時代から沸き上がる「絶対成功してやる」という思いだ。孫正義や徳田虎雄、そして渡邊にも似たようなオーラを感じる。それは年商100億円企業を作れる人物のオーラで、過去の壮絶な体験が下敷きになっている。松下幸之助にしても、起業成功者は最期は社会貢献に走る。渡邊はカンボジアに学校を作った。私にはそれが自身の狂気とほんの僅かな良心との整合性を保つための行為に思えてならない。

2015/05/16

guncrazy25

★★★★

2013/03/18

感想・レビューをもっと見る