読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

やがて満ちてくる光の

やがて満ちてくる光の

やがて満ちてくる光の

作家
梨木香歩
出版社
新潮社
発売日
2019-07-29
ISBN
9784104299126
amazonで購入する

ジャンル

やがて満ちてくる光の / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃちゃ

豊饒な梨木ワールドのバックボーンを成す言葉の世界。日常や旅で得た気づきを深く掘り下げて思索へと繋げる姿勢。小さな疑問や違和感にもこだわり自己と対峙しながら追求する飽くなき探究心。彼女のエッセイからより強く感じるのは、ヒトとして自然とともにあるという共生への揺るぎない姿勢だ。また、ヒトとして群れに生きつつも群れに縛られて個を見失ってはいけないという、集団や組織との距離の置き方。命あるものへの慈しみや自然へのフラットで真摯な姿勢が彼女の人間的な魅力として言葉に結実する。改めて今、胸に刻んでおきたい言葉の数々。

2019/11/26

風眠

もしも梨木さんが私の身近な存在であったなら、間違いなく「お手本にしたいお姉さん、または先輩、No.1」だと思う。静かだけれど揺るがない意思があり、人や物、自然に対するデリカシーがあり、そのことをとても大切にしている感じが、素敵だ。おしとやかそうなイメージだけれど、活動的でもあって、感受性のアンテナを様々な方面に立てているという所にも憧れる。こういう人だから、『西の魔女が死んだ』や『家守奇譚』といった作品を生み出せたのだなと思った。少し手を加えれば、短編小説になりそうな文章たち。あえて随筆集と呼びたい一冊。

2019/09/25

のぶ

読んでいて好奇心を刺激される本だった。とても魅力的なタイトルに魅かれ入手した。梨木さんが文筆業を始めた頃からの文章を纏めたもので、今までのエッセイ集と似ている部分もあるが、新鮮なものを感じさせるところが多かった。いろいろなところから集めたものなので、ジャンルは多岐に渡っているが、全体として梨木さんの個性が良く出ていた。自然の事、旅行の事、読書、料理等。実に行動力のある人だと思った。一つ一つに鋭い観察眼を持っているのが良く分かり、このライフスタイルには憧れた。梨木ワールドの1つに加えようと思う。

2019/08/15

美登利

ああ、なんということだ。台風の被害で読書が1週間もままならず、返却期限が来て駆け足で読むしかなかった。ゆっくりと時間を掛けて読みたい大好きな梨木さんの本なのに。しかも初期の頃からの小さなエッセイをまとめたもので、梨木さんの原点を知ることができるものだったのに。「赤毛のアン」は中学生の頃に読みましたがこんなに深い内容だったとは当時あまり感じて無かった。充分過ぎるほど大人になって改めて読んでみようかな?という気持ちになってきた。梨木さんは私にとって理想の生き方を示してくれるといつもより一層感じる文章だった。

2019/09/18

keroppi

梨木さんが、様々なところで書かれた文章が収められている。それは多岐に渡るが、小説でも感じる静けさがある。対象と向かい合い、感じるままを綴る。自然に溶け込み、その向こうにあるものを感じる。この優しい自然体が好きだ。

2019/10/17

感想・レビューをもっと見る