読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

住宅読本

住宅読本

住宅読本

作家
中村好文
出版社
新潮社
発売日
2004-06-23
ISBN
9784104350032
amazonで購入する

住宅読本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

YM

中村好文さんは、僕が好きな建築家の1人。好文さんが設計した住宅の特徴は、奇をてらったデザインではなく、機能に裏付けされ、肩肘張らずに住み心地の良い家であること。それは写真を見るだけでもよく分かります。日本の風土にあった、光と風を十分に感じられる家。住めば住むほど馴染んでくる家は、現代のハイブリッドな住宅とは反対を向いているかもしれません。それでも僕はやっぱり、好文さんの考えに共感し、住まい手と一緒に考えながら居心地の良い家を作っていきたいと思うのです。

2014/12/22

RYOyan

床の間的なもの存在が季節感を高めて生活に彩りを与える。家とそこに住人が加わってインテリアとなり、建築としての価値が生まれる。良い住宅について考え直してみたい。

2018/01/31

ともこ

写真も文も美しく、どのページからも中村好文さんの人柄が感じられる。納得!賛成!同感!の内容ばかりだが、lightingを「照明」でなく「灯置」(トーチ)と訳したら、白々と寒々しい蛍光灯が日本の住宅に普及しなかったのでは、という文が印象に残る。各章末のメモがまたいい。その中でも、特に気に入っているのが「居心地」の文だが、いつもそばに置いて開きたくなる「居心地」のよい本だった。階段上部の1畳の読書室、私もほしい!

2018/06/12

ひつじ

中村好文さん熱継続中。籠りスペースで読書がしたい。

2019/06/02

kangaroo

家は建てて完成ではなく、住みながら育てていくものという考え方がとてもうなずけます。気持ちのよさそうな住宅ばかりで、こんな住まいを持ちたいなぁと夢がふくらみます。所々に小説やエッセイの一文が引用されているのもまた愉しい。

2011/04/28

感想・レビューをもっと見る