読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

湖の女たち

湖の女たち

湖の女たち

作家
吉田修一
出版社
新潮社
発売日
2020-10-29
ISBN
9784104628070
amazonで購入する Kindle版を購入する

湖の女たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

吉田 修一は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、湖を巡る女たちの社会派幻想ミステリでした。731部隊が登場したり、テーマが幾つもあるので、もう少し長編でも良かったかもしれません。三作連続【読メエロ部】作品でした。 https://www.shinchosha.co.jp/book/462807/

2020/11/28

旅するランナー

湖に漂う罪の匂い。過去と現在の隠された犯罪が時空を越えて繋がる瞬間にカタルシスを感じられるかどうかで、この小説への評価は別れそうです。吉田修一作品の大ファンだけど、これはイマイチでした。申し訳ありません。

2020/12/20

いつでも母さん

湖の描写が美しい。色、光、音、風・・匂いまでが伝わるようだった。ハルビンの湖もこの湖もそこにあり、ただ美しいのだろう。そして、対比として人の持つ闇が暗すぎる。偶然にして池田が出会った20年前の薬害事件と70年以上も前の七三一部隊との関連に、今回の老人介護施設での事件・・違和感と嫌悪感で終始モヤモヤして読んだ。第5章は推測でしかないのに「なんてこと…」と、最後はどんより重くなり本を閉じた。『この悔しさに慣れても良いのだろうか』ーこの言葉だけが私の中に残った。

2020/11/27

みっちゃん

一体何にそんなに腹を立てているのか。閉塞感、理不尽な扱いへの怒り、無力感。でもきっと本人達にも上手く答えられないのだろう。あの『怒り』に似たものを感じる。その表情を無くした眼の奥にあるのは、目の前の者を犯し、踏みつけ、汚し壊したいという抑えがたい衝動。暴力への志向がしばしば性的な欲求と結びつく者へのどうしようもない嫌悪感が胸に広がる。結局何一つ解決してないんじゃね、というもやもやと、いや、このラスト一行から物語は動き出すのだ、という期待の狭間で、これはちょっと自分の中で尾を引いてしまいそうである。

2021/02/10

R

琵琶湖を舞台にした医療事故とも、事件とも判別しない出来事を追った物語でした。最終的には、因果とか、動機とかとは別の根源的な人間の問題ともいえそうなことが発端だったように感じた。二次大戦中の過去と奇妙なオーバーラップをしつつ、現代では、倒錯したかのような刑事と女の関係があり、話の主軸がどこにあるかわからないまま進む。琵琶湖の風景描写がとても美しい、印象的なラストシーンが心に残った。

2021/04/17

感想・レビューをもっと見る