読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

接近

接近

接近

作家
古処誠二
出版社
新潮社
発売日
2003-11-15
ISBN
9784104629015
amazonで購入する

接近 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

クリママ

今まで読んできた沖縄戦の様相とはずいぶん違うものの、その時の沖縄の人たちの暮らしがどのようなものであったのかを知る。沖縄口は禁じられ、すべて標準語である。簡潔で穏やかな語り口は最後まで貫かれているが、後半に行くに従い動悸が早くなる。友達と泣き笑いバカを言い、そして信頼できる大人に見守られて育つはずの11歳の少年が、真摯な気持ちで労を惜しむことなく皇軍のために働き、大人になることを急かされる。聡明な少年はわかっていた。でも認めたくなかった。動悸は収まらない。

2016/11/23

HoneyBear

短いがずしりとこたえた。少年の体験を中心に物語は小さくまとまっているが、そこで語られる沖縄戦の様相と死地での人間同士のやりとりは深く重い。日系米兵が見た日本兵の戦いぶりは「勝敗は度外視されていた。度胸と積極性を示す戦いに敗れた彼らは、その後を絶望的な戦いで染める。心の支えは死後の評価だった」と。救いのない状況下に「標準的な日本語を身体に馴染ませる努力をした者同士」の心の交錯の美しさと残酷さを鋭く描ききっており、心を抉られるような読後感が残った。『七月七日』に続いて素晴らしい小説だった。

2014/08/13

Admiral2009

『七月七日』でも二世兵士が日本軍に紛れ込むプロットがあったので、まさかと思いつつ読んでいたらまさかだった。敗残兵と脱走兵とスパイの連続、洞窟の軍の接収は映画「沖縄決戦」を思い出させる。

2013/03/10

つる

これが確か初古処。ルールに行って古処の虜に。

ミツオキンギョ

接近とは、相手がだったのか、それとも自分がだったのか?誰もが苦しんでいるからこそ助けたいという純粋な気持ちから人に近づく。お互いの心の距離に接近しすぎて気が付いた現実。生と死との接近。考えてもいなかった恐ろしい時代の一面を知った。

2012/12/24

感想・レビューをもっと見る